南北アメリカ

アトランタの観光

アトランタの観光スポット!!コカ・コーラ博物館を体験してきた。

アトランタにあるコカ・コーラ―博物館は、1990年に、アンダーグランド・アトランタと いうショッピングモールに開館し、その後に、2007年にコカ・コーラ―を発明した ジョン・ベンバートン博士にちなんで名づけられた再開発地域に移転され現在...
ヒューストンの観光

アメリカ宇宙開発の重要拠点 ヒューストン宇宙センタに行ってみた。

ヒューストンで乗り換え時に是非、時間があれば是非立ち寄ってみてほしいのは 世界一有名な宇宙開発拠点のNASAです。 ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港から、 タクシーで50分~1時間程度かかります。 ヒューストン宇宙...
ビーニャ・デル・マルのグルメ

ビーニャ・デル・マルのCLUB ARABEで絶品シーフードを堪能!!

世界遺産「バルパライソ」のとなりにあるビーニャ・デル・マルは、 チリのリゾーチ地であり、サンティアゴから車で2時間と近いことから 都会の富裕層が週末や休暇を過ごす場所として有名なエリアです。 特に、12月~3月の繁忙期は、避暑の客...
スポンサーリンク
バルパライソの観光

世界遺産「バルパライソの海港都市の歴史的町並み」を散策してみた。

サンティアゴから120kmの位置にあり、車で2時間近くにある世界遺産の街「バルパライソ」 この街は、インカ帝国の支配下にあったが、1536年、スペイン人のディエゴ・デ・アルマグロが 征服し、天国のような谷 バルパライソと命名し、建設を始...
イースター島の観光

イースター島でスペインからの独立記念日(9月18日)に参加してみた。

世界中を旅しているといろいろな記念日やお祭りに遭遇します。 日本では、正月休み、ゴールデンウイーク・夏休み・シルバーウィークと 長期休暇を取るならこの時期になりますね。 今回の旅は、シルバーウィークを利用しての旅だったのでちょ...
イースター島の観光

絶景の孤島!! イースター島でダイビングでモアイ像に会いにいってみた。

ダイバーの中ではあまり、メジャーではないイースター島。 行きづらさとやはり観光が目的の人が多く、そんなに盛んじゃないのかと思っていました。 しかし、日本では、メジャーではありませんが、欧米人をはじめ結構盛んなようでした。 理由...
イースター島のグルメ

タハイ儀式村化も近い Chez Ramonで激うまスープを堪能!!

タハイ儀式村からも近く私の宿泊していたホテルの隣にあった レストラン Chez Ramonを紹介します。 Chez Ramon 住所:Te Pito o Te Henua, Hanga Roa, Isla de Pascua, Val...
イースター島のグルメ

マグロ料理が大人気のエンパナダス ティア ベルタ(Empanadas Tia Berta)でエンパナーダを食べてみた!!

イースター島の近海は、北海岸周辺のPAPA VAKAの岩絵にもマグロが 彫られているくらい昔からマグロが獲れた漁場です。 今回ご紹介するのは、島で獲れたマグロ料理が食べられるお店 エンバナーダス・ティア・ベルタを紹介します。 エ...
イースター島のグルメ

イースター島 郷土料理クラント(ウム)を食べてみた!!

イースター島には、クラント(ウム)と呼ばれている石焼の伝統料理があります。 この調理方法は、ミクロネシア・ポリネシアに広く伝わる伝統料理です。 クラント(ウム) CURANTO(UMU) 調理方法は、下記の通りで、い...
2020.05.18
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」のラノ・カウ周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.16
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」のアフ・ビナプ周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.15
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」をアフ・アキビ周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.15
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」をプナ・パウ周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.15
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」を北海岸周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.15
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」のアフ・トンガリキ周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.15
イースター島の観光

謎の巨大モアイ像が並ぶ 世界遺産「ラパ・ヌイ国立公園」のラノ・ララク周辺を散策してみた。

現地の言葉で「輝く大きな場所」という意味のラパ・ヌイという島。 そして、この謎多き島は、1722年に西洋からの船が到着し、折しも、その日がイースーター(復活祭)で あったことから、オランダ人提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって名づけら...
2020.05.15
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました