ナミブ砂漠をロングドライブ~ムーンランドスケープ&ウェルウィッチア・ドライブを見に行ってみた。

ナミビアの観光

さらに、果てしない大地をドライブしていくと
スワコップムントに向かう途中、
立ち寄ることが多いみたいです。

そして、到着し、高台から見下ろすと
異世界のような風景が広がってきます。

ムーランドスケープ(Moodland Scape)

スワコップムントから約20㎞内陸に入ったところから
約140㎞内陸に入った場所にあります。

スワコップムント川の水が、やわらかな土壌を流しさり、
花崗岩の露出しできた跡が、まるで月面のように
見えることからこの名前で呼ばれているそうです。

高台から見下ろす大地は、まるで月面を
歩いているような感じにさせられます。

見渡す限り緑のない世界。

岩に黒や赤いものが付着しているのは、地衣類の一種で
これがよけいに月面感を出しています。


ナミブ砂漠をロングドライブしていると途中何カ所かの
立ち寄りポイントがあります。
次に紹介するのは、ナミビアで有名な太古の植物です。

ウェルウィッチアドライブ(Welwifschia Drive)

まずは目的地まで、1本道をひたすら走ります。
車のスピードメーターを見ると100㎞以上出てます。
途中、すれ違う車もなく、事故にあったらどうなるか
不安になります。

途中、ガイドから車から降りてとの指示で、少し歩いていると
太古の植物 ウェルウィッチア・ミラビラスが生息している
ポイントに案内されます。

ウェルウィッチア・ミラビラス 和名「奇想天外」と呼ばれ、
1科1属1種の特異な植物です。
地面に潜るように生えた茎は、長いものは、
5m近くも葉を伸ばす不思議な植物です。
長いものでは、2000年近く生きる個体もあるらしい。
まさに、太古の植物です。


ウェルウィッチアは砂漠の下に走る水脈の上に
きっちり着床するそうなので
この下には、水脈があるそうです。

ナミビアと言えば、ユーフォーピアという
サボテンが猛毒で有名ですが、
ガイドさん曰くこの下の写真もかなりの猛毒らしいです。

ナミビアを通して感じるのは、青い空・褐色の大地。
その中に点々とある緑の植物。
本当に絵になります。

国内航空券エアーズゲート

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました