ナミブ砂漠をロングドライブ~南回帰線・グラマドゥラス・マウンテンを訪ねてみた。

ナミビアの観光

ナミビアの旅は、移動の旅でもあります。
赤褐色の大地をひたすら進んでいきます。

ちなみに、なぜ赤褐色かというと
鉄分を多く含んでおり海からやってくる霧の水分を帯びて、
太陽光で酸化したためだそうです。

さて、話は、戻りますが、
ナミブ砂漠を移動しているとほとんどの場所で
携帯がつながりません。

というか人がいません。

なので、トイレができる場所は、
給油するスタンドに併設している
お土産屋&レストランしかありません。

観光名所から観光名所の間は、スタンド以外何も
ないと言っても過言ではありません。


*トイレはいける時には、必ず行くことがお勧めします。

南回帰線(The Tropic of Capricorn)

スワコップムントとセスリエムを結ぶ6時間あまりの道を進んでいくと突然、看板がでてきます。
この場所は、南緯23度26分22秒に位置する南回帰線の目印です。
何もない場所ですが、地球を旅している感じがすごいする場所です。

青い空には、空気が綺麗なため昼間でも月が見えてます。

看板は以外は何もありません。

グラマドゥラス・マウンテン(Gramadulas Mountain)

どこまでも続く山々が連なっています。

丸い岩山が、独特の雰囲気を醸し出しています。
砂の大地から岩の大地に変わります。

何度も記載しておりますが、
とにかくアジアでは味わえない風景が続きます。

ナミビアは、砂と岩の国です。
ロングドライブでは、同じ風景がずっと続きます。
飽きる部分もありますが、非日常の風景を
楽しむと思うとずっと車窓を見て入られます。

じゃらん特集一覧

コメント

PAGE TOP