テムズ川にかかる世界一美しい跳ね橋!!「タワーブリッジ」を見学してみた。

ロンドンの観光

ロンドンのシンボル的な大橋、タワーブリッジ。
見どころはやはり「跳ね橋」ですね。

橋があがっている間は、ゲートが閉まり、車や人は入ることができません。
開閉それぞれの動作にかかる時間はたったの1~2分で、船が通過して安全確認をしてだいたい
全体で、約7~8分位でゲートは再び開きます。

私が立ち寄った時は、残念ながら跳ねてなかったです。

タワーブリッジ
(Tower Bridge)

住所:Tower Bridge Rd, London SE1 2UP イギリス

基本情報

時間9:30 ~18:00 ※最終入場は、17:00
*毎月第3土曜日と1/1は10:00~18:00
定休日12/24~12/26
料金大人(18~64歳):£9.8 (£8.8)(約1510円)
学生・シニア(16歳以上の学生~65歳以上):£6.8 (£6.1)(約1050円)
子供(5~15歳):£4.2 (£3.8)(約650円)
*オンライン予約の場合は、()の割引あり
公式URLタワーブリッジ (towerbridge.org.uk)

*1£(ポンド)=154円相当


タワーブリッジの歴史

19世紀後半になり、ロンドン商業の発展のため新しいい橋が必要となったのだが、入港の障害となることから固定された
橋の建設は見送られてきましたが、1876年に設置された委員会により、跳ね橋式にすることで、建設されることになりました。

橋の長さは244m、左右にあるゴシック様式の主塔の高さは65mあり、内部は展望通路・歴史博物館があります。

ロンドン塔の景観を守るために、花崗岩とポートランド石で覆われています。

塔の上には、空中の歩道が設置されていましたが、あまり利用が少なかったことから1910年に閉鎖されています。
しかし、その後に、1982年にエレベータが設置され一般に開放されるようになりました。

Albrecht FietzによるPixabayからの画像

タワーブリッジは、船が通り過ぎる24時間前に予約をすれば無料で跳ね上げてくれるそうです。
ちなみに、タワーブリッジの跳ね上がる時間は、下記のHPで確認できます。

ブリッジリフトタイム|タワーブリッジ (towerbridge.org.uk)

こんな大きな跳ね橋がまさか120年以上も前に作られていたなんて驚きだし、現在も使われていることにさらに驚きました。


コメント

PAGE TOP