ナポレオンの墓!!オテル・デ・ザンヴァリッド(アンヴァリッド)を散策してみた。

パリの観光

歴史と文化の街、花の都パリでは、紀元前3世紀頃に、ケルト人パリシイ族が今のシテ島に
住み始めたのが町の起源であり、名前の由来になっています。

パリの歴史を紐解くと前52年、ローマ軍に征服され、この地は、ルテティア(水に囲まれた住居)と
呼ばれ、河川交通の要衡として、栄え、セーヌ川左岸を中心に発展していきました。

ルティアが、パリに改名したのは、4世紀中頃で、6世初頭、フランク王クロヴィスがパリを
首都に定め、町を商業を中心に、左岸だけでなく、右岸も繁栄していきました。

その後、10~14世紀のカパ―朝時代に、さらなる発展し、国王は、パリに定住するようになり
12世紀頃、シテ島には、ゴシック建築の傑作ノートルダム寺院が建設がはじまります。

17世紀になると、フランス最後の王朝ブルボン王朝の絶頂期を迎えていたが、1789年のフランス革命が
勃発し、1792年、第一共和政が成立した。その後、ナポレオンが1804年、第一帝政が成立し、その時に
凱旋門やサント・マドレーヌ聖堂を建設させました。

その後、19世紀~20世紀には、エッフェル塔やシャイヨー宮などが建造され、現在の姿になりました。
そんな歴史のつまったパリのセーヌ河岸の歴史的建造物が多く、その多くが世界遺産に登録されています。

パリのセーヌ河岸
(Paris, Banks of the Seine)

1991年 ユネスコ文化遺産に登録
パリは市街を流れるセーヌ河岸を中心に広がり、両岸には古代ローマ時代以後の建築物が連なっている。川中のシテ島はパリ発祥の地。サン・ルイ島の東端にかかるシュリ橋から、左岸にエッフェル塔をのぞむイエナ橋までが、世界遺産に登録されている。
ノートル-ダム大聖堂をはじめ、ルーブル宮殿、エリゼ宮、シャイヨー宮、アンバリッド廃兵院、フランス学士院、市役所、
公園などが長い年月をかけて建設された。

対象の建築物(太文字は、私が訪れた建築物)

シテ島エリア セーヌ河の中州で現存するパリ最古の橋ポン・ヌフ島がセーヌ両岸と1607年に結ばれました。

  • ノートルダム大聖堂 
  • パレ・ド・ジュスティス(裁判所)
    サント・シャペル
    コンシェルジュリー

セーヌ右岸エリア 政治経済の中心地

  • マレ地区
    オテル・ド・ロアン
    オテル・ラモワニョン
  • パリ市庁舎
  • ルーヴル宮殿(ルーヴル美術館)
  • カルーゼルの凱旋門
  • チュイルリー庭園
  • コンコルド広場
    マドレーヌ寺院 – コンコルド広場の北にある新古典様式の教会
    シャンゼリゼ通り – コンコルド広場を東端とするパリの中心的な大通り。
  • グラン・パレ、プティ・パレ
  • シャイヨー宮

セーヌ川左岸エリア ソルボンヌ大学を中心にした学問・文化が盛んなエリア

  • オルセー美術館
  • ブルボン宮殿
  • オテル・デ・ザンヴァリッド(以降:通称 アンヴァリッド)
  • シャン・ド・マルス公園
    陸軍士官学校
  • エッフェル塔

サンルイ島エリア

  • ランベール邸、ローザン邸
  • サン=ルイ=アン=リル教会

オテル・デ・ザンヴァリッド
(L’hôtel des Invalides

住所:129 Rue de Grenelle, 75007 Paris, フランス

基本情報

時間10:00~18:00(4月1日~10月31日)
10:00~17:00(11月1日~3月31日)
定休日1月1日、5月1日、12月25日
入場料金(有料エリア)

  • ドーム教会(ナポレオンの墓)
  • 軍事博物館
  • 立体地図博物館
  • 開放勲章博物館
  • シャルル・ド・ゴールの歴史の展示エリア
  • 一般料金:12€(約1560円)
  • 割引料金:10€(約1300円)
  • 18歳以下:無料
  • I-Podガイド:6€(約780円)(日本語のガイド有/身分証明書と引き換えに貸し出し)

*1€(ユーロ)=130円相当


アンヴァリッドの歴史

1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設として計画し、1674年に完成した施設で、戦傷者や老兵を収容する施設では最も古い。

敷地奥に建つドームは、ヴェルサイユ宮殿を建てたマンサールの設計で、教会の建設は1677年に始まり、
後に兵士の教会とドーム教会に分かれ、ブリュアンの弟子ジュール・アルドゥアン=マンサールのもとで1706年に完成した。

オルレアン朝(1830-1848年)時代、ルイ・フィリップ国王により、ドーム教会に地下墓所が設けられ、
ナポレオン・ボナパルトの柩が中央に置かれています。
また、それを囲むようにして、ナポレオンの親族やフランスの著名な将軍の廟が置かれている。

21世紀当初において、100人ほどの戦傷病兵や傷痍軍人が暮らしている。一部はフランス軍事博物館として公開されています。

Damián Aldeta FuentesによるPixabayからの画像

アンヴァリッドに廟が置かれている著名人

  • ナポレオン関係者
    ナポレオン・ボナパルト (1769 – 1821)
    ナポレオン2世 (1811 – 1832) - ナポレオンの長男
    ジョゼフ・ボナパルト (1768 – 1844) - ナポレオンの兄
    ジェローム・ボナパルト (1784 – 1860) - ナポレオンの末弟
    アンリ・ガティアン・ベルトラン (1773 - 1844) – ナポレオンの最側近の軍人
    ジャン=バティスト・ジュールダン(1762 – 1833) – 革命戦争期に活躍した帝国元帥
  • ルイ14世関係者
    テュレンヌ (1611- 1675) – 将軍
    ヴォーバン (1633 – 1707) – 将軍・要塞建築家
  • フランス革命関係者
    ルージェ・ド・リール (1760 – 1836) – フランスの国歌ラ・マルセイエーズの作者
  • 近現代以降
    フォッシュ (1851 – 1929) – 第一次大戦時の将軍
    フィリップ・ルクレール (1902 – 1947) - 第二次大戦時の将軍

下の棺は、ナポレオン・ボナパルトのもので、彼をここへ納めるために教会では
大規模な改修が行われ、1861年になって彼の遺体がここへ安置されました

そして、棺を囲む床の大理石にはローリエのモチーフとナポレオンが勝利した戦いの名前が刻まれています。

139904によるPixabayからの画像

ANTONY WARMBOLDによるPixabayからの画像

ナポレオンが見つめているドームの天井です。

139904によるPixabayからの画像

サンルイ教会

Gerhard BögnerによるPixabayからの画像

Denis DoukhanによるPixabayからの画像

アンヴァリッドは、ナポレオンが納められている場所という印象が強いのですが、中に入ると軍事博物館なので
当時の軍事品など見ることができて、なかなか楽しめます。

それでも、ナポレオン推しの場所なので、ナポレオンのデスマスクなど非常に興味をそそられました。



コメント

PAGE TOP