バンコク市内からミニバス&列車でアユタヤまで行く方法をまとめてみました。(2019年版)

アユタヤ情報
広告

タイへ行ったら絶対訪れるべき場所「アユタヤ」。

バンコクから北側へ約80㎞程度の場所にあります。
そして、この場所は世界遺産に指定されています。

そんなアユタヤですが、ベルトラなどの現地ツアーなどを利用する方法もあります。
旅慣れていない人や時間的制約が下記ツアーなどがお勧めです。

(Vertra)
アユタヤ遺跡+象乗り体験 半日観光ツアー<早朝空港発&午前市内発/ベテランガイド・ミシュラン掲載のエラワンティールームでのアフタヌーンティー付きプランあり>
アユタヤ遺跡+象乗り体験+水上マーケット+メークロン線路市場 1日観光ツアー<ホテル送迎/ソンブーンのカニカレーランチ付きプランあり/ベテランガイド選択可>

時間的にゆとりがあり、ゆっくり自分のペースでアユタヤ観光したい方は、
是非自分の力で行くことをお勧めします。

そして、バンコクからアユタヤに安く行くには、主に2つの方法が考えれます。

  1. ミニバスで行く方法
  2. 鉄道に乗っていく方法

この2つの行き方を簡単にまとめてみました。

ミニバスを利用する方法がアユタヤへ向かう方法で一番わかりやすいのでそちら紹介します。


まずは、チャトゥチャック・ミニバス・ステーションを目指します。

①ノースバスターミナル方面(モーチットバスターミナル方面)へ行き方

まずは、BTSの終着駅であるMo Chit(モーチット)駅を目指します。

Mo Chit駅に到着します。

  1. ①番出口は、バイクで行く場合
  2. ②番出口は、タクシーで行く場合
  3. ④番出口は、バスで行く場合

それぞれ変わります。


チャーターバイクでチャトゥチャック・ミニバス・ステーションを目指す場合を参考に記載します。

階段を降りるとチャーターバイクの案内所があります。

チャトゥチャック・ミニバス・ステーションまでは80バーツです。以前までは、60バーツでしたが。。。

交渉が済むとバイクの後ろに乗ってミニバスステーションまで目指します。

いきなり逆走していきますので最初はビビります。
でもこれこそアジアだなと感じます。

約5~10分程度で到着します。

ここで、注意ですが、間違って1番出口からタクシーに乗ると遠回りになりお金もかかるので要注意です。

また、ここで注意ポイントです。

今までは、モーチットバスターミナルからアユタヤ行きのロットゥーが出てきましたが、2018年8月1日から
チャトゥチャック・ミニバス・ステーション場所が変わりました!!

 

チャトゥチャック・ミニバス・ステーションには、それぞれA~Dまでのブースがあります。

アユタヤ行きは、Bを目指してください。

中に入ると4番ブースがアユタヤのチケット販売所になります。
日本語で70バーツの案内もあるので非常にわかりやすいです。
ここで、70バーツを支払います。

お金を支払うとチケットが渡されます。

今までは、人数がまとまってから移動でしたが、今回から時間になったら出発する形となりました。

チケットをもってアユタヤの乗り場に向かいます。
番号は、92番です。

時間になったら、誘導員の指示に従い出発します。

車内は、以前よりも綺麗になりました。
座席は、番号の記載がありますが、原則、自由です。

およそ1時間30分程度で到着します。
ただ、バンコクは非常に混むので時間はかなり変わります。

途中、現地の人が下りる場所や乗ってくる場所がありますが、アユタヤが最終地になるのでそのまま乗っていてください。

そして、なんにもないここに到着します。
ミニバスから降りるとソンテウの勧誘がかなり来ます。

かなり高くふっかけられますので、ちゃんと交渉してください。
私は、4時間1000バーツと言われました。

ここからは、ソンテウやレンタル自転車または徒歩など手段を使ってアユタヤを満喫します。


今度は、アユタヤからの帰り方です。

帰りは、下の図のロットゥ-でバンコクに向かいます。
ソンテウチャターしている人は、下の図の場所を目指してください。

乗り場の周りはこんな感じです。

看板には、BANGKOK MO CHITと記載されていますね。

周りにいる人にバンコク?モーチット?と声をかければ車に誘導されます。
乗るときに70バーツを支払ってください。

帰りは、行きと違い今までのような人が集まるまで待機して、人数が集まったら出発する形となります。

帰りは、モーチットバスターミナルではなく、BTSモーチット駅 orMRT チャトゥチャックパーク駅の
前に到着します。
帰りは非常に楽です。

BTSモーチット駅は、1分程度です。

簡単なアユタヤの行き方&帰り方でした。
今まで、何度かアユタヤへロットゥで言った人は乗り場がまったく変わったので驚くと思いますので要注意です。


さて、もうひとつは、鉄道で行く場合です。
こちらは、MRT線の終点フワランポーン駅に向かいます。
そして、こちらで、タイの国鉄「State Railway of Thailand」に乗り換えてアユタヤに向かいます。

地図は、下記になります。

駅に入ると切符売り場に向かいます。
運行時間は、始発4:20~最終22:45になります。

チケット売り場にかなりの人が並んでいます。

タイの鉄道は、特別急行から普通列車まで様々あり金額もかなり変わってきます。

種別金額所要時間
Ordinary(普通)
*2等:エアコンあり/3等:エアコンなし
2等席:35バーツ
3等席:20バーツ
約1時間30分~2時間30分程度
Rapid(快速)
*2等:エアコンあり/3等:エアコンなし
2等席:65バーツ
3等席:45バーツ
約1時間30~50分程度
Express(エクスプレス)
*2等:エアコンあり/3等:エアコンなし
2等席:245バーツ
3等席:155バーツ
1時間10~30分程度
Spcial Express(スペシャルエクスプレス)
*2等:エアコンあり/3等:エアコンなし
345バーツ(弁当付き)1時間20~30分程度

詳しい時間や金額は、下記をクリックしてみてください。
タイ国鉄公式HP(STATE  RAILWAY OF THAILAND)

チケット販売所です。下の写真の場所に並びアユタヤまでのチケットを買ってください。

下の画像は、アユタヤ行きのタイムスケジュールです。
受付でOrdinary~Special Expressとあるので選んでください。

チケットは下記になります。
私は、Ordinary(普通)3等で20バーツを支払いました。

さて、チケットを購入したら列車に乗り込みます。

3等列車には、冷房はなく扇風機が回っていますが止まるとかなり蒸し暑いです。
そして、座席は固いです。

ドンムアン空港にも行く列車なので時間によってはかなり混みます。

1時間30分~2時間程度で到着します。

アユタヤ駅は、非常にのどかな雰囲気です。
タイの駅は、どこも似てますね。

アユタヤ駅の目の前には、ロットゥが並んでいて声掛けれます。
駅前には、貸し自転車などもあり、そちらを利用しても便利です。

バンコクからアユタヤまで手軽に安く日帰りで行くことができます。
是非アユタヤを満喫してみてください。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました