台湾B級グルメの聖地の士林観光夜市を散策してみた。

台北の観光

台北では、いろいろな場所で大小の夜市が開催されています。

その中でも、3大夜市と呼ばれているのが、「士林夜市」、「饒河街観光夜市」、「寧夏夜市」
が有名で、多くの観光客で賑わっています。

今回、ご紹介するのは、その中でも一番有名な「士林夜市」です。

士林観光夜市

住所:No. 65號, Section 5, Zhongshan North Road, Shilin District, Taipei City, 台湾 111


夜市って何?

もともとは、参拝客を目当てに寺廟の周辺に多く存在したが、現在では、安くてうまくて楽しめるB級グルメスポット
として有名で、食事の他にも雑貨やアクセサリーなどの露店が並んでおり、子供から大人まで十分に楽しめる場所となっています
そして、営業時間は、だいたい16:00頃から始まり、深夜1:00頃まで毎日がお祭りのような状況が続きます。

士林夜市で一番有名なスポットは?

士林駅から数多くの屋台が並んでいますが、奥の方に歩いていくと一番有名なスポット「美食区」というエリアがあります。
食事をするならここに来るのが一番間違いがないのでは?と思います。
なお、「美食区」は、11:00~営業しています。

「美食区」は、B1になるので階段を降りて行きます。
屋台の数は、100を超える数みたいですが、同じ店舗がいくつもあるので正直数は不明です。
2019年12月にリニューアルされたそうですが、私が訪問したのはそれ以前なのでイメージが違う場合もあるのでご了承ください。

これぞ、よく旅番組で出る絵ですね。

台湾は、沖縄より南にあるだけあって南国フルーツがやすく食べられます。

そして、アジアな感じの看板と座席。

メニューも激うまシーフードや肉、てんぷら、麺類と選択しが多くて悩みます。
1品1品も50NTDから200NTDと日本円で、200~800円程度なので、いろいろな種類を大人数で
行ってわけて食べるといいですね。

私が訪問した時は、カキのオムレツ 蚵仔煎(オアジェン)が人気なようでした。
魯肉飯なんかも日本でよく食べたのですが、本場は安くてやはり美味しかったです。

台湾に行ったら絶対外せない夜市。
時間があれば大小回ってB級グルメに舌鼓したい場所です。

帰りは、電車が非常に混む場合もあるので、ホテルが遠い方は帰り時間を意識して観光されることをお勧めします。


コメント

PAGE TOP