世界遺産「ルアンパバーンの街」を探索してみた。③

ルアンパバーンの観光

イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」
で第一位、ニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選ばれた
世界遺産の街「ルアンパバーン」。

歴史を紐解くと、古くは、ムアン・スワ・シェントーンと呼ばれていたが
1353年に、ファーグムに王によりラーンサーン王国の首都とされ、栄えていきました。

その後は、首都は、ビエンチャンに移ってしまったが交通のアクセスが不便なことから、
フランスの植民地時代の面影も色濃く残り、カーン川とメコン川の合流地点にある
ルアンパバーンは、大変美しい街並みとして、1995年に世界遺産に登録されました。

世界遺産の街「ルアンパバーン」は数多くの寺院があります。
そんなルアンパバーンの街を3つのエリアにわけてみました。

  1. 赤い枠のエリア(ワット・シェ―トン等)
    世界遺産「ルアンパバーンの街」を探索してみた。①
    イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」 で第一位、ニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選ばれた 世界遺産の街「ルアンパバーン」。 歴史を紐解くと、古くは、ムアン・スワ・シェント...
  2. 青い枠のエリア(パバーン仏堂等)
    世界遺産「ルアンパバーンの街」を探索してみた。②
    イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」 で第一位、ニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選ばれた 世界遺産の街「ルアンパバーン」。 歴史を紐解くと、古くは、ムアン・スワ・シェント...
  3. その他(ルアンパバーン国立博物館等)

今回は、以前紹介したその他のスポットを中心に紹介していきます。

ルアンパバーン国立博物館
(ROYAL PALACE)

住所:27 Ounheun Rd, Luang Prabang, ラオス

入館時間8:00~11:30、13:30~16:00
入場は、閉館30分前まで
入館日無休
入館料金30,000KIP

かつては、王宮だった建物を利用して王朝時代の歴史を展示した博物館になっています。
下の正門の左側にあるチケット販売所です。

*入館は、8:00~となっていましたが私が行った時は、8:15に開いていました。

下の銅像は、シーサーワンウォン王像です。

博物館の建物は、1909年に、シーサーワンウォン王とその家族の住居として建造されました。
当時は、フランスの植民地化していたがルアンパバーンだけは、「保護領」とされていたそうです。

ルアンパバーン国立博物館は、撮影禁止になっていますが簡単に説明します。
まずは、正門に入って左側にある劇場に荷物を預けます。
※博物館には、かばん類の持ち込みは禁止されています。

下の写真は、劇場です。

正面の左側に入口があります。ここで、チケットを提示してください。

順路として祈祷の間→儀式の間→王の謁見の間→廊下謁見の間→王の書斎→王妃の間→王の間
子供部屋→食堂→王妃の接見の間→書記官の業務部屋となっています。

シンボリックなガジュマルの大木。


ルアンパバーンの街は、世界的に有名な観光地ですが、非常にのんびりした街です。
車の往来もそれほど激しくなく散歩やサイクリングをするには最高の環境です。

メコン川のほとりも昔ながらの風景が残っていてほっこりします。

ちなみに、メコン川は、チベット高原を源流にして、中国、ラオス、タイ、ミャンマー、ベトナムと5つの国を
4200㎞に渡って流れています。

ルアンパバーンの街は、長く滞在する気持ちがわかるそんな素敵な街です。

コメント

PAGE TOP