世界遺産「ルアンパバーンの街」を探索してみた。①

ルアンパバーンの観光
広告

イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」
で第一位、ニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選ばれた
世界遺産の街「ルアンパバーン」。

歴史を紐解くと、古くは、ムアン・スワ・シェントーンと呼ばれていたが
1353年に、ファーグムに王によりラーンサーン王国の首都とされ、栄えていきました。

その後は、首都は、ビエンチャンに移ってしまったが交通のアクセスが不便なことから、
フランスの植民地時代の面影も色濃く残り、カーン川とメコン川の合流地点にある
ルアンパバーンの街並みは、1995年に世界遺産に登録されました。

世界遺産の街「ルアンパバーン」は数多くの寺院があります。

そんな、ルアンパバーンの街を3つのエリアにわけてみました。

  1. 赤枠のエリア(ワット・シェ―トン等)
  2. 青枠のエリア(パバーン仏堂等)
    世界遺産「ルアンパバーンの街」を探索してみた。②
    イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」 で第一位、ニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選ばれた 世界遺産の街「ルアンパバーン」。 歴史を紐解くと、古くは、ムアン・スワ・シェント...
  3. その他(ルアンパバーン国立博物館等)
    世界遺産「ルアンパバーンの街」を探索してみた。③
    イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」 で第一位、ニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選ばれた 世界遺産の街「ルアンパバーン」。 歴史を紐解くと、古くは、ムアン・スワ・シェント...

今回は、赤枠のエリアの寺院を中心にご紹介します。

広告

ワット・シェントーン
(Wat Xiengthong)

住所:Khem Khong, Luang Prabang, Loas

入館時間6:00~18:00
入館日無休
入場料金20,000Kip *入場券は、連続して2日間使えます。

チケットはこんな感じです。


ワット・シェントーンは、ルアンパバーンを代表する寺院です。
建立は、1560年にセーターティラート王によって王家の菩提寺として建立されました。

本堂

本堂は、とても美しく屋根は、「ルアンパバーン様式」と呼ばれ、東側に3段、西側に1段の屋根が
折り重なり計9枚の屋根で構成されています。

中には、黄金の仏像が鎮座しています。

本堂裏側には、1960年代に地元の職人によって描かれた「マイ・トーン(黄金の木)。」
かつて、ここに立っていた160mの大樹が、モチーフになっています。

立像堂

1960年に行われたシーサワンウォン王の葬儀で、使われた霊柩車が納められています。

レッド・チャペル(赤堂)

1569年に、セーターティラート王によって涅槃物が置かれ、また外壁もピンク地のモザイク画で彩られています。

このモザイク画は、造られたのは1957年です。
ルアンパバーンの生活の様子が描かれているそうです。

ここには、黒色の涅槃像が置かれています。


ワット・シボヌアン
(Wat Sibounheuang)

住所:Sakkaline Road, Luang Prabang 0600, Laos

入館時間8:00~17:00
入館日無休
入館料無料

Sakkaline Road沿いにある小さい寺院です。
あまりメジャーな寺院ではないので人もほとんどいなくてのんびりしています。

中にある仏像がひっそり鎮座しています。


Wat Sop Sickharam
( ワット・ソプ シカラム)

住所:Sakkaline Rd, Ban WatSaen, LuangPrabang, Luang Prabang 0600, Laos

入館時間8:00~17:00
入館日無休
入館料金無料

 


こちらもSakkaline Road沿いにある小さい寺院です。
ガイドブック等にも載っていないので詳細はわかりません。

この寺院のブーゲンビリアは、とても大きく綺麗でした。


Wat Sensoukaram
(ワット・セーンスークハラム)

住所:Sakkarine Road, Luang Prabang 0600, Laos

入館時間8:00~17:00
入館日無休
入場料金無料

Sakkaline Roadの中では、大きい寺院です。
1714年、キサラート王の治世に建立されたもの。
1930年と1957年には、仏陀生誕2500年を記念して改修されました。

この寺院は、早朝の托鉢では起点のなる寺院です。

とてもきれいな黄金の立像。


ワット・チョーム・コーン
(Wat Choum Khong Sourin Tharame)

住所:27 Ounheun Rd, Luang Prabang, loas

入館時間8:00~17:30
入館日無休
入館料金なし

ワット・チョーム・コーンは、1843年、セカセウム王の治世の時に、パクー・ケオによって建立されました。
その後は、1933年と1951年に復元され、その装飾は1962年に完全に復元されました。
青銅の銅像が2体寺院の前に設置されています。


ワット・シェン・ムアン
(Wat Xieng Mouane)

住所:Ban Xiengmouane,v Xotikhoumman Rd., Luang Prabang 0600, Laos

入館時間8:00~17:00
入館時間無休
入館料なし

プラグナ・シソンサイによってシャンタラート王の治世中に設立されました。
寺院の入口部分のレリーフはとても綺麗です。

あまり観光としてメジャーな寺院では、ありませんが、壁画が綺麗に描かれています。

寺院の中には、お墓のような場所もあります。


ワット・ノン・シクムンアン
(Wat Nong Sikhounmuang)

住所:Kounxoa Rd., Luang Prabang 0600, Laos

入館時間6:00~17:00
入館日無休
入館料金なし

早朝の托鉢を見終わった後に通ったら入れそうだったので入館してみました。
最近、改装されたルアンパバーンでも最大級の寺院で、ビエンチャン様式のスタイルで、見事な屋根が特徴的です。

早朝にみる黄金の仏像はなんとも神秘的な感じです。

ルアンパバーンには、ガイドブックにのっていない小さい寺院でも魅力的な寺院がたくさんあります。
自分のお気に入りの寺院を探すのも楽しいです。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました