ギリシャのリゾート地 ナフプリオン&パトラのリオを散策してみた。

ギリシャの観光

アルゴリオス湾に面したナフプリオンは
風光明媚なリゾート地として人気のある港町です。

ナフプリオン
(Nafplion)

詳しい観光情報は、ナフプリオンをご覧ください。


ブルジ島
(Bourtzi)

ペロポネソス半島北東部の都市
ナフプリオンの港湾内に浮かぶ小島。

旧市街の沖合約500メートルに位置し、
ベネチア共和国時代の15世紀に要塞化されたそうです。

ブルジ島は、入島できるみたいで
8:30~17:00まで開館しており、祝日は休館日だそうです。
ブルジ島は、ボートで5分程度で着くそうです。

パラミディ城跡
(Palamidi)

新市街の南側、標高216mの丘に
1686~1715年にかけてヴェネツィア人が
築いた城塞がそびえています。

ギリシャ独立戦争の時に、
テオドロス・コロコトロニス将軍の指揮のもと
トルコ軍に降参するまで、15ヶ月も包囲されながら
陥落しなかったことで有名だそうです。

階段でも昇れるそうですが、999段もあるそうです。

入場日無休(但し、祝日は除く)
入場時間8:00~19:00(夏期)
8:00~16:30(冬期)
入場料金4€

リオ・アンディリオ橋

ギリシャ西南部のコリンティアコス湾に架かる斜張橋で
ペロポネソス半島パトラ郊外の町リオと、
ギリシャ本土の町アンディリオを結んでおり
2004年に完成したそうです。

ペロポネソス半島の海岸沿いは、ビーチリゾート
としてもポテンシャル高そうです。
今回は、立ち寄りレベルだったのですが時間があれば
ゆっくりしてみたいです。

【J-TRIP沖縄旅行】7つの入場券&3つの特典付き 沖縄本島観光満喫スペシャル~3つのうれしいも見逃せないヨ!!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました