李氏朝鮮の位牌を祀る霊廟 世界遺産「宗廟」を散策してみた。

ソウルの観光

韓国には、2020年現在14の世界遺産が登録されており、ソウル市内には、昌徳宮と宗廟の2か所があります。

今回ご紹介するのは、李氏朝鮮歴代国王とその妃の位牌を祀っている宗廟です。

宗廟
(Jongmyo Royal Shrin)

住所:157 Jong-ro, Hunjeong-dong, Jongno-gu, Seoul, 韓国


1995年 ユネスコ文化遺産に登録

基本情報

時間3~10月:9:00~18:00、11月~2月:9:00~17:30
定休日火曜日
料金1000ウォン:19~64歳、500ウォン:7~18歳、無料:0~6歳、65歳以上 *1000ウォン=100円程度
公式URLhttp://www.jongmyo.net/

*100円=1050ウォン程度

下記がチケットです。


宗廟には正殿と別廟の永寧殿があり、正殿には李成桂以来の功績ある19人の王とその王妃が計49位、
永寧殿には正殿に祭られなかった王と王妃、その他王族が祭られています。

位牌を収める小部屋が東西に連なる正殿は、国王らが亡くなり位牌が増えるたびに増築され、101mもの長大な建築になりました。
単一の木造建造物では世界最長ともいわれます。

正殿

位牌が安置された各部屋の扉「板門」は、祭礼儀式の時以外は堅く閉じられています。
板門の表面をよく見てみると所々隙間があるが、これは魂が自由に出入りするためであると言われています。

1395年(太祖4年)に建てられて以降、毎年ここで宗廟祭礼儀式を行っています。
そして、毎年5月の初旬に王の末裔あたる全州李氏一族が集まり、雅楽が響くなか、一族が正殿の朱色の廊下を
伝統的な衣装に身を包み、宗廟の正殿を歩きます。

そして、この宗廟と宗廟儀礼楽は、世界遺産に登録されており、宗廟儀礼楽は、毎年5月の第1日曜日に執り行われています。

祭礼儀式は、神を迎える儀式・神をもてなす儀式・神を見送る儀式と3つの順序で進行します。

1.神を迎える儀式
・進請行事:位碑を出し祭祀を始める。
・農裸禮:神を迎える。

2.神をもてなす儀式
・進饌禮:祭床に供え物を置く。
・初献禮:最初の杯をあげる。
・亜献禮:2番目の杯をあげる。
・終献禮:3番目の杯をあげる。
3.神を見送る儀式
・飲福禮:神の恵みを頂く。
・送神禮:神を見送る。
・徹邊豆:供え物を取り下げる。
・望燎禮:祝文と碑を焼く。

朝鮮文化を知ることが出来る王朝絵巻が600年も続いています。

何かの撮影なのかわかりませんが、板門があいた状況を見る頃ができ、かつ王朝絵巻の雰囲気も堪能できてよかったです。



コメント

PAGE TOP