ムガール帝国の妃が建造した皇帝の墓 フマユーン廟を散策してみた。

デリーの観光
広告

インドには2020年現在、文化遺産が30件、自然遺産が件、複合遺産は1件の合計38の世界遺産があります。

今回、私が訪れた北インドの世界遺産は、14件の中9件訪問しました。

  1. ラール・キラーの建造物群(1983年)文化遺産
  2. フマユーン廟(1993年)文化遺産
  3. クトゥブ・ミーナールとその建造物群(1993年)文化遺産
  4. タージ・マハール(1983年)文化遺産
  5. アーグラ城塞(1983年)文化遺産
  6. ファーテプル・スィークリー(1986年)文化遺産
  7. ケオ・ラディオ・ガナ国立公園
  8. カジュラーホーの建造物群
  9. ビームベートカーの岩陰遺跡
  10. サーンチーの仏教建造物群
  11. ジャイプルのシャンタル・マンタル(2010年)文化遺産
  12. ナンダ・デーヴィー国立公園と花の谷国立公園
  13. ラージャスターン州の丘陵要塞軍(2013年)文化遺産
  14. ラージャスターン州のジャイプール市街(2019年)文化遺産

今回は、ムガール帝国第二代皇帝のフマユーンの墓であるフマユーン廟をご紹介します。

広告

フマユーン廟
(Humayun’sTomb)

住所:Mathura Road Opposite, Hazrat Nizamuddin Aulia Dargah, Nizamuddin, New Delhi, Delhi 110013 インド

入場時間日の出から日没まで
定休日無休
入場料金大人:600ルピー 子供:無料(15歳まで)・ビデオ持込料:25ルピー
公式URLhttp://www.humayunstomb.com/

*100ルピー=145円程度


ムガール帝国2代目の皇帝フマユーンが事故でなくなると、デリーに埋葬されました。その後、1556年にアグラとデリーで
ムガルスを破ったヒンドゥー教の王ヘムから彼の遺体を守るため、彼の遺体は、パンジャブ州シルビントに埋葬されました。

その後、皇后であるコンソーシアムベガ・ベグムにより再度、デリーに1565年に建造され1572年に完成しました。

庭園の中に廟を置く形式で、タージマハールへ続くイスラム建築の最高峰と呼ばれています。

アーチをくぐると廟が見えてきます。

シンメトリーな廟は、イスラム建築の特徴ですね。

中央にある白い棺は、仮の棺でこの下にフマユーンの遺体が安置されています。

天井もなんとも美しい。

ペルシャ文化とインド文化が融合されてできたムガール建築の最高傑作!!

皇帝としては、逃亡ばかりの流浪の皇帝でしたが、妃の愛情により建てられたこの廟のおかけで、今でも
フマユーンの名前が残っているのは素敵ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★格安国内旅行をお探しの方必見★
・超お得なツアーを多数掲載中!
・沖縄・北海道への格安ツアーはおまかせください!
・いつでも、どこでも!24時間ご予約受付中!

JALで行く、格安国内旅行ならニーズツアー!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZVY38+FHV6LU+AD2+2BDBUB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました