旧市街にそびえる巨大なモスク ジャマ―・マスジットとインド門を散策してみた。

デリーの観光
広告

旅行者あこがれの地 インド。
インドを訪れた人は、何度も行きたくなるか、二度と行きたくないかにわかれると言われています。

今回は、そんなインドのデリーにあるジャマ―・マスジットを中心にご紹介します。

広告

ジャマ―・マスジット
(jamma-masjid)

住所:Jama Masjid Rd, Subash Bazar, Kinari Bazar, Hing ki Mandi, Mantola, Agra, Uttar Pradesh 282003 インド

営業時間夏季:8:00~19:00 冬期:8:00~17:00(*イスラム教の祈りの時間は、1日5回は、イスラム教徒のみ入場可能)
金曜日のみ、8:00~11:00
定休日金曜日の11:30~
入場料無料 *カメラの持込料:300ルピー、ビデオカメラ:300ルピー

※入口で靴を脱ぐこと
※カメラ持ち込みチケットはカウンターではなく、入口付近でスタッフ証をぶら下げた人が売っている。
入場料といってむりやり売りつけることが多いので注意(チケットにはただ「Ticket」と記載されているだけなので、ややこしい)

100ルピー=145円程度


「金曜モスク」と言われているジャマ―・マスジットは、インドにあるイスラム教最大のモスクです。
金曜モスクと呼ばれるのは、金曜にイマーム(導師)が説教を行う集団礼拝が行われており、
その異名から来ているそうです。

また、ファサードは、赤い砂岩と白大理石の組み合わせで造られており、左右対称の幾何学模様が印象的です。
そして、イスラム建築の象徴的な球根型のドーム。
まさに、インドに来たなと感じられる建築物ですね。

金曜日以外は、落ち着いた感じだそうで、ハトがたくさんいました。

入口のファサードは、チャトリー(小亭)と呼ばれ、インド土着のデザインで、マスジット全体が東西世界の
融合の象徴であることを表しています。

中央には、大きなシャンデリアが飾られています。

中には、イスラムの恰好した信者たちがたくさんいます。

砂岩の建築物を見るとインドだなーと思います。

マスジット内の壁に描かれている模様は、なぜか前方後方墳に見えてしまう。

信者がお祈りを捧げています。

礼拝所を特徴づける塔(ミナレット)は高さ40mあり、祈祷の時報係がここから1日5回礼拝を呼びかけるための
施設となっています。

建物正面に設けた大きなアーチ型の開口部と半球状の天井、それらを四角に縁取るデザインは、
典型的なイスラム建築の特徴です。イワーンと呼ばれる部分は、奥の中央ドームを隠すほど
高くしているのは、ペルシアのサファヴィー朝建築に由来しているそうです。

インド門
(Indian Gate)

住所:Rajpath, India Gate, New Delhi, Delhi 110001 インド

高さ42mのインド門は、第二次世界大戦で戦死したインド兵の慰霊碑です。
インドは、戦後の独立を条件にイギリスに協力して参戦したが、結局、独立は実現しなかったそうです。
壁面には、戦没者1万3500名の名前が刻まれています。

ちなみに、スターバックスのマグカップはインド門でした。

このエリアは、少し散策するだけでインド感が満載です。

路上の床屋さん。

屋台も多数ありました。

時間があれば、もっと散策してみたかったです。
きっとディープなインドが覗けそうな気がしました。



コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました