奇跡の絶景!!エンジェル・フォールを空から眺めてみた。

カナイマの観光

1837年10月9日、米国人パイロットのジェームズ・エンジェルにより発見され、
彼の名前をとって名付けられたエンジェルフォール。
スペイン語では、アンヘルの滝(Salto Angel)と呼ばれています。

今回は、空からエンジェル・フォールを撮影してみたので動画とともに紹介します。

なお、このエリアは、世界遺産に登録されています。

カナイマ国立公園
(Canaima National Park) 

1994年 ユネスコ自然遺産に登録

総面積約3万km²の国立公園。四国の約1.6倍の広さの熱帯雨林地帯に、風雨によって削られた約20億年前の地層が、
100以上のテーブルマウンテンとなって残り、原始的な特徴を持つ固有の動植物が生息し、独自の生態系を形成しています。

エンジェル・フォール
(Saltlo Angel)

住所:Parque Nacional Canaima, Canaima 8001, Bolívar, ベネズエラ


もともと、エンジェルは、金鉱を探すために、飛行していたそうで
滝を発見し、アウヤンテプイの山頂に着陸したが、湿地帯のため離陸できず彷徨うはめになり
途中で遭遇したペモン族の助けられ無事に帰還できたそうです。

こんな場所で、ペモン族に合わなかったら100%死ぬと思われます。

まさに、失われた大地という感じです。

小型セスナは、2人乗りです。

今回は、カナイマ空港までチャーター機で移動した時に撮影したエンジェル・フォールと
エンジェル・フォールのセスナ機の遊覧ツアーに参加した時のものでわけて編集しました。

①チャータ機によるカナイマ空港へ向かい途中のエンジェル・フォール

②セスナ機によるエンジェル・フォール遊覧飛行

空からエンジェル・フォールを眺めると
当時のジェームズ・エンジェルの気持ちが少しわかる気がします。

まさに絶景です。

海外ツアー

コメント

PAGE TOP