飛行機でしか行けない!! カナイマ国立公園のカナイマ湖&滝巡りを満喫してきた。

カナイマの観光

カナイマ空港からほど近くにあるカナイマ湖。
それに流れ込むカラオ川。

今回は、エンジェル・フォールの玄関口カナイマ湖周辺を散策してみました。

なお、このエリアは、世界遺産に登録されています。

カナイマ国立公園
(Canaima National Park) 

1994年 ユネスコ自然遺産に登録

総面積約3万km²の国立公園。四国の約1.6倍の広さの熱帯雨林地帯に、風雨によって削られた約20億年前の地層が、
100以上のテーブルマウンテンとなって残り、原始的な特徴を持つ固有の動植物が生息し、独自の生態系を形成しています。

カナイマラグーンクルーズ
(Canaima laguna cruise)

カナイマ湖畔には、湖の中に、象徴的な3本のヤシの木が並んでいます。

そして、ピンク色の砂浜

湖を見ると3つの大きな滝が見えます。
カナイマ・ラグーンクルーズは、ボートとトレッキングでカナイマ湖周辺を満喫するツアーです。
だいたい、半日くらいの行程だと思います。

下が全体的なカナイマラグーン周辺の地図です。

ウチャマの滝
(Salto Ucaima)

一番手前の滝がウチャマの滝と呼ばれる滝です。

ゴンドリナの滝
(Salto Golondinna)

真ん中にあるのがゴンドリナの滝です。

アチャの滝
(Salto Hacha)

そして、一番奥に見るのが、アチャの滝です。
水量が一番多く感じました。

船で近づいてみるとどの滝もかなり迫力があります。
そして、滝の力によって湖面には、泡がいっぱいありました。

エル・サポの滝
(Salto El Sapo)

住所:Canaima 8052, Bolívar, ベネズエラ

ツアーは、カナイマ湖の反対側に
アナトリー島を30分程度でトレッキングして到着します。

サポの滝は、滝の中を通っていくのでものすごく濡れます。
水着は、もちろんですが、荷物を濡れないようにすることが必要です。

ただ、荷物は、ツアーガイドが濡れないバッグに入れて運んでくれますが。

カマイナ・ラグーンクルーズの様子を動画にまとめてみました。
特に、サポの滝は必見です。

特に、サポの滝遊びは、なかなか経験できない感じで非常に楽しかったです。
ヨーロピアン達も皆さんテンションがあがっていました。

カナイマラグーンクルーズは、かなり楽しめます。
是非、滝で濡れてくささい。


コメント

PAGE TOP