植民地時代の栄華を色濃く残す 世界遺産「リマの歴史地区」を散策してみた。

リマの観光

ペルーの首都リマ。

この地は、インカ帝国を滅ぼし、帝都クスコを占領したスペイン人ピサロにより、
1553年に築いた港湾都市に由来しています。
そして、ヌエバ・カスティーリャの(新カスティーリャ王国)の首都として、19世紀にペルーが独立するまで
南アメリカ最大のスペイン植民地の拠点でした。

そんな植民地時代を建築群を見ることが出来るリマ歴史地区の一部を紹介します。

リマの歴史地区
(Historic Centre of Lima)

住所:Plaza central Lima, Cercado de Lima 15001 ペルー

*100円=3.4ソル程度


「セントロ」と呼ばれる旧市街には、スペイン統治時代の建築が数多く残されています。
ピサロは、スペインの首都マドリードにならって、アルマス広場を中心に、道路を碁盤目状にはりめぐらせました。

サンフランシスコ教会・修道院
(Lgesia y Convento de San Francicso)

時間9:00~20:45
定休日無休
料金8ソル(約230円)
公式URLhttp://museocatacumbas.com/

*100円=3.4ソル程度


17世紀に入って創建されたサン・フランシスコ修道院は、バロックとスペイン南部のアンダルシア様式を取り入れた建築物です。
中庭の回廊は、17世紀前半にせびりやで焼かれた色鮮やかなタイルで飾れており、とても美しい。

この教会は、中には、地下墓地や宗教博物館があります。
回廊に沿った部屋には、200人もの聖職者が住んでいたそうです。

食事後に少しだけ散歩しただけなので、正直ほとんど散策できませんでした。
本来ならじっくりサン・フランシスコ修道院や大聖堂などじっくりみたいところです。

カタール航空

コメント

PAGE TOP