ウブドの自然保護区にあるモンキーフォレストで猿まみれになってきた。

バリ島の観光
広告

インドネシアバリ島のウブドにある野生猿の自然保護区にある
モンキーフォレストをご紹介します。
ここには、約250頭以上の猿が生息しているそうです。

広告

モンキー・フォレスト
(Mandala Wisata Wenara Wana)

住所:Jl. Monkey Forest, Ubud, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

営業時間8:00~18:00
営業日無休
入場料金80,000ルピー

 


自然保護区だけに森がきちんと整備されています。

ダラム・アグン・パダントゥガル寺院
(PURA DALEM AGUNG PADANGTEGAL)

この寺院は、シヴァ神を祀っていて、新月には、多くの村人が参拝に訪れます。
また、この寺院は、別名「死者を祀る寺院」とも呼ばれており、火葬を終えていない
祖霊神となる前の「死者の霊」が祀られています。
森の中には、火葬が行われるまで、死体を一時的に埋めておく墓もあるそうです。

境内に入るには、サロンの着用が必要なので、レンタルできるので興味がある方は入ってみてください。
入る場合は、お布施程度のお金が必要みたいです。

寺院にもあちこちに猿がいます。

森の中に進んでいくとガジュマルのような木がたくさん並んでいます。

猿の像の上に猿が乗っています。
この像は、見ざる・言わざるのような像ですね。

もともとモンキーフォレストは、パワースポットなので、運気があがりそうな場所です。

ウブド観光の定番スポット モンキーフォレスト。
早朝は、無料のようなので、朝一番で森林散策しても気持ちがいいかもしれませんね。

大人女子の旅を応援する「MILESTO」

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました