クタで有名なローカルレストラン ワルンインドシア(Warung Indonesia)でインドネシア料理を堪能!!

バリ島のグルメ
広告

インドネシア料理と言えば、スパイスの効いたサンバルソースを使用した料理や
肉や魚を揚げた料理が有名ですね。

インドネシア料理を食べる前に少しだけ、言葉を覚えておくと便利なので紹介します。
インドネシア語では、食材+調理法の並びでメニュー記載します。

食材名調理法
ご飯 Nasi(ナシ)炒める Goerng(ゴレン)
麺 Mie(ミー)炒める Goreng(ゴレン)

なので、この法則を覚えておくと後は単語だけ理解すればOKです。

食材名調理法
鶏肉 Ayam(アヤム)炒める・揚げる Goreng(ゴレン)
豚肉 Babi (バビ)焼く Bakar(バカ―ル)
牛肉 Sapi(サピ)茹でる Rebus(ルブス)
魚 Ikan(イカン)蒸す Kukus(ククス)
エビ Udan(ウダン)
イカ Chumi(チュミ)

是非、現地の言葉を覚えてワルンなどでメニューを頼んでみてはいかがですか?

さて、今回ご紹介するレストランは、インドネシア料理が手軽に食べらるローカルレストラン
ワルンインドネシアを紹介します。

広告

ワルンインドネシア
(Warung Indonesia)

住所:Jl Popies II Gg Ronta, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361 インドネシア

営業時間:10:00~0:00
営業日:無休
電話番号:+62 812-3811-1913


クタビーチから少し離れた場所にあり、途中狭くて暗い道を通るので、ドキドキしながら歩いていくと
突然開けて活気のある場所に店はあります。

地元ローカルにも人気があるみたいですが、観光客もかなりの人がいました。

注文の仕方は、ガラスショーケースの前に行き、メニューを指させばOKです。
もちろん、先ほど記載した言葉で会話してみるのも楽しいですよ。

さて、支払い金額は、頼んだ総菜により値段が変わります。
そして、どれもだいたい30000ルピー前後で(220円程度)で安い!!

そして、どれも美味しそうで、ボリューム満点です。

ここで人気なのが、バリで定番のナシ・チャンプルです。
これに、ビンタンビールとの相性は物群です。

とは言え、私は、これまた定番のナシ・ゴレンを頼んでみました。

安くてうまくて、しかもオープンテラスでいかにもアジア的なレストラン。
ランチで行くにも良し、ディナーで総菜をつまみにお酒を飲むもよし使いがっての良さそうなお店でした。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました