ムガール帝国3大皇帝が住んだ赤砂岩のアーグラー城を探索してみた。

アグラの観光
広告

インドには2020年現在、文化遺産が30件、自然遺産が件、複合遺産は1件の合計38の世界遺産があります。

今回、私が訪れた北インドの世界遺産は、14件の中9件訪問しました。

  1. ラール・キラーの建造物群(1983年)文化遺産
  2. フマユーン廟(1993年)文化遺産
  3. クトゥブ・ミーナールとその建造物群(1993年)文化遺産
  4. タージ・マハール(1983年)文化遺産
  5. アーグラ城塞(1983年)文化遺産
  6. ファーテプル・スィークリー(1986年)文化遺産
  7. ケオ・ラディオ・ガナ国立公園
  8. カジュラーホーの建造物群
  9. ビームベートカーの岩陰遺跡
  10. サーンチーの仏教建造物群
  11. ジャイプルのシャンタル・マンタル(2010年)文化遺産
  12. ナンダ・デーヴィー国立公園と花の谷国立公園
  13. ラージャスターン州の丘陵要塞軍(2013年)文化遺産
  14. ラージャスターン州のジャイプール市街(2019年)文化遺産

今回、ご紹介するのは、悲しみの城 アーグラ―城です。

広告

アーグラー城
(Agra Fort)

住所:インド 〒282003 Uttar Pradesh, Agra, Rakabganj, アーグラ・フォート

入場時間日の出から日没まで
定休日無休
入場料金600ルピー(A.D.Aチケットは、タージ・マハルで一度払えば同日入場に限り不要となり、250ルピー)
公式URLhttps://www.agrafort.gov.in/indexNew/index.html

*100ルピー=145円程度


アーグラー城は、3代皇帝のジャラールッディーン・アクバルによって1565年に、彼の居城として建てられ
ムガール帝国の権力の象徴的な建造物となりました。

しかし、その後、タージマハルを建てた5代皇帝シャー・ジャハーンが自身の子供アウラングゼーブに
よってこの城に8年間幽閉され、タージ・マハルを眺めながら74歳で死去したなど悲しい歴史のある城でもあります。

アマル・スイン門

ジャハーン・ギール宮殿

フマユーン廟に代表されるイスラム建築とヒンドゥーの建築が融合されたアクバル式で建てられた宮殿で、
左右対称のファサードの上にチャトリ(小塔)が両端に設置されています。
また、表面のファサードには、白大理石の象嵌が埋め込まれています。

中にはいると、赤砂石がまるで木で造られたような造作に見えます。

ディワーネ・アーム(一般謁見の間)
(Diwan-i-Am)

もともと木造であったが、シャー・ジャハーンが白大理石で建て替えを行い、玉座の後ろの部屋の壁面には、
彩りの宝石が埋め込ませたそうで、また、前面の3廊列柱ホールもとても美しいですね。

高さ7mの巨大アーチが9連も続きます。

こちらは、玉座です。

カース・マハール
(Khas Mahal)

第5代皇帝シャー・ジャハーンの妻と娘たちの住居。

下の写真は、子供達の寝殿です。ゴールデンパビリオンと呼ばれています。

ムサンマン・ブルジェ

5代皇帝ジャー・ジャハーンが、8年間もの間幽閉されていた場所です。
ここから、タージ・マハルを眺めていたそうです。

中の壁面には、象嵌が施さています。

下の黄金の屋根の塔は、「囚われの塔」と呼ばれて、シャー・ジャハーンが幽閉されていた場所だそうです。

ディーワーネ・カース(貴賓謁見の間)
(Diwan-i-Khas)

真珠のモスク

一般的には、公開されていません。

タージ・マハルとアーグラー城。歴史を感じる2つの世界遺産は、ゆっくり回って当時の皇帝達の気分を
感じてみてはいかがでしょうか?

また、夜には、私は行ってませんが、音と光のショーが開催されており、ムガル帝国の時代を物語を聞くことができます。
時間がある方は、是非体験してみてください。



コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました