五穀豊穣を祈った祭祀の場所!! 世界遺産「天壇公園」を散策してきた。

北京の観光

天壇とは、明、新両王朝の皇帝が天を祀り、五穀豊穣の祈りをささげた場所で
まさに、故宮と並んで、北京を代表するシンボル的な建造物です。

中国は、世界遺産の宝庫で、世界遺産の数では、イタリアに次いで第2位の55ヵ所の世界遺産があります。
そして、北京市内で言うと7ヵ所の世界遺産があります。

  • 天壇
  • 明、清朝の皇家陵墓
  • 万里の長城
  • 故宮北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群)
  • 頤和園
  • 周口店の北京原人遺跡
  • 京杭大運河

天壇公園
(Temple of Heaven)

住所:1 Tiantan E Rd, Dongcheng, 中国 100061

*1998年 ユネスコ文化遺産に登録

基本情報

時間6:00~21:00
定休日不明
料金4~10月:入場料15元、共通券34元(
11~3月:入場料10元、共通券28元(
※共通券で圜丘、皇穹宇、祈年殿を参観できる

*10人民元=168円相当


1420年に天地を祀る天地檀として造られましたが、1530年に故宮の北に地檀、東西に日檀、月檀が造られたため
以後はここを天壇と呼ぶようになったそうです。

そして、総面積は、273万㎡と中国の建造物としては、最も大きく広大な敷地に中には
北から祈念殿皇穹宇圜丘が一直線に配置されています。

圜丘には、大理石を3層に積み重ねた円檀で、ここでは毎年冬至に、石壇中央の丸い石板の上に
立ち皇帝が一年の出来事を天に報告したそうです。

当時は、ここは天に通じる大地の中心と考えていたそうです。

祈念殿

天壇の中心的な建造物で、大理石の3層上の基壇上に藍色の瑠璃瓦を葺いた3層の円錐形の屋根を頂く円錐形の
屋根を頂く円形の建造物が建っています。

ここでは、皇帝は、毎年正月に、五穀豊穣を祈願する儀式を行っていました。

高さ38m、直径30mの建築物の外壁や軒下には、金箔や藍、緑の彩色が施されています。
祈念殿は、1889年に落雷で焼失したが、その後、再建されて、1970年の改修を得て今に至っています。

色鮮やかなファサードが青空に映えます。

天を治める天帝から天命を受ける神聖な場所であった天壇。
現在では、公園として一般の人も立ち寄れる場所となっていますので、聖なるパワースポットを体験してみてください。

スカイツアーズ

コメント

PAGE TOP