グアテマラ・ホンジュラスの入国カードの記載方法&中米の陸路の出入国方法をまとめてみた。

入国カード
広告

グアテマラやホンジュラスなどいろいろインタネットでなど調べても
なかなか情報がでてきません。

特に、入国審査などの記述が、ほとんどなかったのでここで記載させてもらいます。

まず、グアテマラとホンジュラスの入国審査カードは複写式の様式になります。
飛行機でグアテマラに入る場合や、陸路でグアテマラに入る場合に必要になります。
なお、陸路で行く場合は、書かないで入る場合もあります。

入国審査書の書き方

下の写真が、入庫審査書です。
(スペイン語と英語で表記されています。)

上から書かれていることは

1.到着
2.姓
3.名
4.パスポート番号
5.性別
6.職業
7.国籍
8.居住国
9.出生国&生年月日
10.宿泊先
11.グアテマラ入国先の国
12. 次に行くに国
13. 旅の目的(旅行 or 公用 or 仕事 or 在住 or  乗り継ぎ or 他)
14.入国手段【空から or 陸から or 海から】
15. 搭乗便名・車両番号・船舶便名
16.あなたは、通貨、または、金融商品にして、10,000ドル、またはそれ以上の外貨を所有していますか? YES  or NO
17. もし、YESと記載した場合、情報を入力してください。(通貨/クレジットタイトル/総計/資金の出所)になります。
18.グアテマラに⑲~㉕を持ち込むか?
19.寄付・贈答品・他人から預かったもの
20.商業貨物
21.ビジネス製品・プロモーション製品・工具など
22.製品サンプル
23.生きた動植物・花・種・果物・肉・食べ物
24.拳銃などの銃砲類
25.薬品・特別許可の必要な薬
26.旅行中、農場や農園に長期滞在したか?
27.署名

これを飛行機の中で記載してください。
空港に着いたらアメリカと違いすぐに入国審査になります。

ただ、グアテマラもホンジュラスもアメリカと違いかなりゆるい感じで、
所々記載漏れがあっても何も言われませんでした。(笑)

続いては、参考までに、陸路の入国について簡単に記載します。

【エルサルバドルからグアテマラへの入国】
エルサルバドルからの入国は、入国審査の用紙は記載しませんでした。

橋の中心が国境。

橋を超えるとテントがあり、そこにいる人にパスポートを見せて終了です。

【エルサルバドルからグアテマラに入国】
ここでは、入国審査の用紙を記載しました。

【グアテマラからホンジュラスへの入国】
グアテマラからホンジュラスへ入国する時は、記載しましたがホンジュラスから
グアテマラに入国する場合は、記載しませんでした。

陸路の旅は、入国審査カードを書いたり書かなかったりします。
書く場合は、入国審査ゲートで渡されますので、その場で記載してください。

国内航空券エアーズゲート

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました