エーゲ海クルーズ~イドラ島・ポロス島・エギナ島1DAY~を周遊してきた。

エーゲ海クルーズ

ギリシャに行ったら是非体験してみたいことにエーゲ―海クルーズがあります。

一般的に、ギリシャのエーゲ海クルーズは、ロドス島・クレタ島・サントリー二島・ミコノス島など
ギリシャ神話の舞台になった場所や世界遺産などを周ることが多いですね。

そして、そういうツアーだと最低でも3泊は欲しいところで
1週間程度の滞在期間だとゆっくりギリシャを周ることができません。

私は、ギリシャ本土も周遊してみたかったので時間がないなか、日帰りで
プチエーゲ海クルーズを味わえる下記のベルトラのツアーを参加してみました。

エーゲ海1日ミニクルーズ ポロス・イドラ・エギナ 3島めぐり<1名参加可/昼食付/アテネ発>by Mybus

今回は、英語がわからない方や一人旅の方など少しでも旅の様子が参考になれば
と思いまとめてみました。

エーゲ海1日クルーズ(イドラ・ポロス・エギナ島)

ちなみに、現地のエージェントは、クルーズの運行事業者名は「PLATINUM CRUISES」です。

金額は、100€程度です。ベルトラでは、103€です。

下記は、ベルトラに記載されているスケジュールになります。

スケジュール内容
06:45-07:30ホテルお迎え (時間は目安です)
08:10アテネ郊外の港発
10:15ポロス島着 (島内散策:約1時間)
オリーブや緑濃い松の木に囲まれる小さな島ポロス。潮風が心地よいのどかな島です。
丘一面に建つオレンジ屋根の家々はやっぱり可愛い♪
丘の上からは、蒼色に煌めくエーゲ海の絶景を見渡せます。
11:15ポロス島発
船内でバイキングランチ
<メニュー例>
グリークサラダ・ドルマダーキア・オーブンチキン・魚オリーブオイル焼き
ミックスピラフ・パスタ・デザート等
12:30イドラ島着 (島内散策:約1時間30分)
車やバイクの乗り入れが禁止されているイドラ島は、のんびり散策するのにぴったりの島。
「芸術の島」とも呼ばれるイドラ・タウンでは、アーティスとたちの
お店を覗きながらお土産探しも楽しいですよ。
14:00イドラ島発
16:00エギナ島着 (島内散策:約2時間)
ミニクルーズで最後に訪れるのは、神殿や遺跡、修道院など見どころいっぱいのエギナ島。
パステルカラーの家並みが続く路地裏散策も楽しみの一つです。
ピスタチオの特産地としても有名なので、ジャムやクリームなど
ピスタチオ製品購入するならぜひこちらで♪
18:00エギナ島発
19:15アテネ郊外の港着
20:00-21:00ホテルお送り (時間は目安です)

 


さて、HPに載っている情報とスケジュールは、上記に記載しましたが実際のところを記載してみます。

まず、迎えの時間の記載がありますが、アテネは、非常に道路が混みますので10分~15分程度
遅れるのは当たり前にあります。

予約した後に届くメールには、5分遅れても来ない場合は連絡するようにとの案内もあり、
ツアー参加者らしき人達が一斉に電話していました。(笑)

私の場合も、自分のホテル集合ではなくシンタグマ公園近くのホテル集合でしたが
15分以上遅れてきました。

最初は焦ると思いますがかなり遅れる場合があると思っておいた方がいいと思います。

さて、迎えに来たら名前を告げてバスに乗り込みます。
席は、決まっていないので空いている席に座ってください。

下の地図のマリーナに到着します。

Sailing Marina Tzitzifies-Kallithea pier 3

シンタグマ公園近辺から下記の場所まで20~30分かかります。

バスから降りると下のチケットが手渡されます。
この番号が帰りの乗車するバスの番号になります。
私の帰りは、4号車になります。

しばらく誘導された方向に歩いていくと乗船するクルーズ船が見えてきます。

乗船するときにBOARDING&DININGのカードが配られます。
色は、緑・黄色・赤などがあるみたいでこの色ごとに食事の時間が分かれます。

私は、赤でした。

クルーズ船は、3階建てになっています。

  • 1階は、デッキエリア・レセプションエリア・ビップラウンジ・ラウンジ
  • 2階は、デッキエリア・フロントラウンジ・バックラウンジ
  • 3階は、デッキエリア・ビップキャビン・ブリッジ

船内図は、下記参照願います。

PLATINUM CRUISESから引用

乗船してもなにもアナウンスがないのでとりあえず空いている席に座りました。

人がどんどん乗船してきますので席の取り合いになりますので遠慮せずに空いている席を
とっておいた方がいいです。

今回は、スケジュールに記載されている出航時間より15分程度遅れて出航しました。

しばらくして、レセプションから英語・スペイン語ギリシャ語等で1階のラウンジに集合するようにアナウンスがあります。

ちなみに、日本語含めたアジア系のアナウンスは、ありません。

ガイドブックには、日本語の説明もあるとかかれていますが
私の時は、一切、日本語の説明がなかったのでかなり苦労しました。

基本的に、英語がわかる人かそれ以外にわかれてオプショナルツアーの説明が行われるようです。

下が1階のラウンジの写真です。

下の画像は、入船時に渡されるオプショナルツアーとVIPラウンジへの
アップグレードへの案内です。

ちなみに、オプショナルツアーは、

  1. HYDRA WALKING TOUR(イドラ島)
  2. AEGINA PANORAMIC TOUR (エギナ島)
  3. APHAIA & ST.NEKTARIOS EXCURSION(エギナ島)
  4. SWIMMING TOUR (エギナ島 or アンギストリ島)

最初は、英語の説明を聞く人がオプショナルツアーの説明を受けます。

*オプショナルツアーは、カード支払いもできるようですが、その場合は支払いは、すべての案内が
終わった後で、再度、アナウンスがあり、レセプションエリアで支払いをするようです。
かなりの人がカードをもって並んでいましたので、現金を用意しておくことをお勧めします。

下が説明が終わった後に、チケットを購入しているところです。

とりあえず、多くの人はチケットを購入していたのでラウンジはすごい人でした。

さて、オプショナルツアーの案内が終わったら島に着くまで何もすることがないのでのんびりしてください。
ちなみに、ツアーの案内では、ポロス島からの入島でしたが実際は、イドラ島からの観光でした。

なので、到着時間は、11:00頃でした。

ちなみに、英語のアナウンスで出航時間が聞き取れなくて焦りましたが、船を下船したときに
下の写真のように出発時刻を表した時計が置かれているので、英語が聞き取れない人は確認してみてください。

イドラ島
(Hydra)

イドラ島の観光時間は、1時間30分程度です。
このイドラ島は、3島の中で最も遠く、18~19世紀には海上交易で栄えた海運の島です。
この島の特徴は、自動車やバイクの乗り入れが禁止されています。

ちなみに、ここでは、ドローンを飛ばしてみたのでよければ覗いてください。

これぞ、エーゲ海の街並みですね。

ここでこれだけ綺麗ならサントリーニ島はどれほど綺麗なんでしょう。

ここでの交通手段や運搬手段は、今でもロバです。
なんとも風情な光景です。

さて、1時間30分程度の観光はあっという間に終わります。

船に戻ってきたら最初のチームのランチタイムになります。
食事の時間に関しても色わけさてたDININGカードで変わってきます。
私の時は、黄色・緑色が先の時間になっていました。

食事は、ビュッフェスタイルです。

先にも記載しましたが、色別のDININGカードで食事時間が分かれていますが
空きがある場合は、先に食事できる場合もあります。

私も何気にラウンジを覗いていたら、空いているからとのことで席に案内されました。

次のランチタイムだと食事時間は、15:00頃からになるのでならべく先に食べたいですよね。

ポロス島
(Poros)

次に、上陸した島は、ポロス島です。

ここでは、1時間程度で、出航になるので実質45分程度の観光ですね。
ポロス島は、小さい島で、時計台からの眺めがお勧めだそうです。

ちなみに、後半の食事時間は、ポロス島からエギナ島へ向かう間になります。

エギナ島
(Aegina)

さて、最後の島は、古代には、ポリス国家として栄えたエギナ島です。
私は、オプショナルツアーのAPHAIA & ST.NEKTARIOS EXCURSION(エギナ島)
に参加しました。金額は、28€でした。

ちなみに、欧米系の人たちは、かなりの人がSWIMMING TOURに参加していました。

エギナ島に上陸したら待機してあるバスに乗り込みます。
席の指定などなく、好きな場所に座ってください。

そして、港からピスタチオの畑を通り抜け20分程度でこの島のメインイベント アフェア神殿に到着します。

アフェア神殿
(Temple of Aphaia)

紀元前6世紀末から紀元前5世紀にかけて建設されました。
アルカイック時代の建造物で、32本あった石柱のうち24本が残っています。
アテネで神殿をたくさん見てきましたがここの神殿は非常に状態がよく遺跡好きなら
是非見てほしい神殿のひとつです。

エーゲ海の島にある神殿。
本当に絵になりますね。

神殿の前の土産物やでは、ピスタチオのアイスクリームが販売されています。
3€だったと思いますがとても美味でした。

聖ネクタリオス修道院
(Moni Aglou Nektariou)

ネクタリオス初めは、19世紀の半ばから20世紀の初めに生きた人物で、
死後にギリシャ正教から聖人と認められたそうです。

聖ネクタリオス教会と女子修道院には、ネクタリオスの遺骸が安置されており、
ギリシャ正教との巡礼地となっているそうです。

ちなみに、死後、遺体の傍らで、重病人が治癒する奇跡が起きたと伝えられています。

2時間の観光時間でも2か所も観光地回るとほとんど時間がありません。
でも、個人的にはこのオプショナルツアーは非常に良かったです。

また、ここは、ピスタチオは有名なのでお土産にいいです。

さて、3島の観光が終わり、アテネへ戻ります。

帰りのアテナまでの船中は、2階のフロントラウンジでは歌謡ショーが行われています。

私は、疲れ切り空いている1階で休んでいましたが2階はかなり盛り上がっているようでした。

今回は、Sailing Marina Tzitzifies-Kallithea pier 3に、20時20分頃に到着しました。

その後、最初に手渡された4号車のバスに乗り込み、最初に乗車した場所の近辺で降ろされます。
私は、シンタグマ広場前で降ろされ、ホテルに戻りました。

英語がわからない方は、少しハードルが高く感じてしまいますが、ツアー内容を
理解していれば英語がほとんどわからなくてもなんとかなります。とにかく出航時間だけ意識してください。

是非、エーゲ海の素敵な風景を堪能してください。

エーゲ海1日ミニクルーズ ポロス・イドラ・エギナ 3島めぐり<1名参加可/昼食付/アテネ発>by Mybus

コメント

PAGE TOP