世界遺産「古都アユタヤ」を散策してみた。~アユタヤ東南エリア編~

アユタヤの観光

タイは、世界有数の観光都市です。
そのタイの中でも、世界遺産の街 アユタヤは、非常に人気のあるエリアです。

古都アユタヤ
(Historic City of Ayutthaya)

1991年 ユネスコ文化遺産に登録

チャオプラヤ―川、ロップリー川、パーサック川の合流地点、川に囲まれた地域に水の都アユタヤがあります。
1351年からおよそ400年間、アユタヤ王朝の都として繁栄し、17世紀、ナライ王のもとで、最盛期を迎えた
アユタヤ王朝は、中国、インド、ヨーロッパと交易を行う国際都市となりました。
日本とも朱印船貿易を行い、日本人町ができるなど日本とも密接に関わった王朝でした。
16世紀から18世紀にまで、世界屈指の大都市として繁栄していたが、王朝の内紛により、疲弊し、1767年の
ビルマの軍の侵攻により寺院は、徹底的に破壊され、長い間放置されてきた悲しい都です。

そんな、世界遺産「古都アユタヤ」の観光スポットは、大きく分けて5つのエリアに分かれています。

アユタヤ遺跡群は、チャオプラヤー川とその支流であるパーサック川、ロップリー川に囲まれた中州に集中しています。

今回、紹介するのは、アユタヤ東南エリア(水色エリア)の遺跡になります。

【アユタヤの地図】

ワット・スワンダーラーラーム
(Wat Suwandarum)

現茶クリー王朝初代王ラーマ1世の父によって建立されラーマ1世が王室寺院とした。
本堂には150年ほど前に描かれた仏陀の生涯の壁画が残っている。

基本情報

時間8:00~17:30
料金無料

壁画は寺院一面に描かれています。

お勧め度:★★
この寺院もなかなか行きづらい場所にあります。
寺院にかかれている壁画は見事ですが、歴史的な価値は・・・・。
アユタヤに何度か来た方は言ってみてください。





コメント

PAGE TOP