インド伝統医療のアーユルヴェーダをShree Jee Kayakalpamで体験してきた。

バナーラスの観光
広告

世界三大伝統医学のひとつと数えられており、サンスクリット語で「生きる知恵」を意味する
アーユルヴェーダは、インド発祥の伝統医療で、その歴史は、4000年前にも遡ります。

アーユルヴェーダは、西洋医学の病気の治療を目的とするのに対し、体のバランスが
悪いから病気になるという考え方です。

治療方法としては、体のバランスをドーシャーという3つの体質で判断し、これらが
バランスよく保てている状態が健康な状態ということになります。

3つのドーシャーには、

  • 風(ヴァータ/Vata)
    特徴・・瘦せ型で肌が乾燥し、体力があまりない。眠りは浅く、心配性。
    適した食べ物・・米や麦などの主食やトマト・きゅうりなどの水分の多い野菜、体を温めるショウガやシナモン
    適さない食べ物・・・生野菜や豆類、紅茶などの体を冷ます物、ドライフルーツ
  • 火(ピッタ/Pitta)
    特徴・・適度な体力があり、汗かきで、中肉中背。食欲旺盛、活動的で怒りっぽく感情的。
    適した食べ物・・穀類や牛乳、豆類、苦みのある野菜など体を冷やす食べ物
    適さない食べ物・・唐辛子やショウガ、ニンニク、酢、塩分の強いもの
  • 水(カパ/Kapha)
    特徴・・がっしりした体格で色白で持久力があり、目が大きい、汗はあまりかかず眠りは深い。
    適した食べ物・・唐辛子やショウガなどの香辛料や緑黄色野菜、緑茶・紅茶などの渋みのある食べ物。
    適さない食べ物・・砂糖や牛乳、ココナッツ、肉や魚などの体を冷やす食べ物。塩分や酸味も適さない。

リゾート地などでは、どのタイプに当たるのかドーシャのチェックリストに基づき、診断を受けてから
施術される場合が多いですが、普通のお店だと、トリートメントのメニューから選ぶ場合が多そうです。

今回は、そんなインド伝統のアーユルヴェーダを体験してみました。

広告

Shree Jee Kayakalpam

住所:49, Patel Nagar, Nadesar, Chaukaghat, Varanasi, Uttar Pradesh 221002 インド


今回、訪れたのは、バナーラスのホテルにあるお店でした。

アーユルヴェーダで一番有名なトリートメントは、顔にオイルを垂らすシロダーラですね。

シロダーラとは、頭を意味するSiroと流すを意味するdaraという言葉から成り立っているように
施術としては、オイルを眉間の部分(アーユルヴェーダでは、「第三の目」または、「第6チャクラ」と呼ばれている部分)に
体温より少しだけ暖かいオイルを流していきます。そうすることにより、脳にアルファー波やシーター波という
周波数が生じ、脳がリラックスし始め、日常の疲れや肩こり不眠症などが改善されていくそうです。

郷に入っては郷に従えでは、ありませんが、時間があれば体験をしてみるのも悪くないと思います。
ただ、終わった後に尋常じゃなく体がてかっています。(笑)

こんなツアーもあるので、よければ参考に!!

こだわりの本場アーユルヴェーダ! 全身マッサージ<デリー発>
本格!アーユルヴェーダ式マッサージ *カイラリ・アーユルヴェディック・センター<貸切チャーター(繁忙期を除く)/デリー発>

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました