フラミンゴの大群で有名なナクル湖国立公園でサファリを満喫してきた。

ナクル湖の観光

ケニアには、7つの世界遺産があり、今回ご紹介する「ナクル湖国立公園」
は、ボゴリア湖、エレメンタイタ湖という比較的浅い3つの連結した湖で
「大地溝帯にあるケニアの湖沼群」と呼ばれる世界遺産に該当します。

ここでは、100種類を超える渡り鳥の繁殖地となり、オドリホウオウ、ウスハイイロチョウヒ、ゴマバラワシ
など13種類の鳥類の絶滅危惧種の生息地でもあります。

ナクル湖国立公園
(Lake Nakuru National Park)

住所:Kiambu, ケニア

入場時間24時間
定休日無休
入場料金60US$ *24時間を超えると1日分追加される。

ナクル湖と言えば、バードウォッチング天国です。
ここは、モモイロペリカンの営巣地で繁殖の拠点になっているのでたくさんのペリカンに会えます。

そして、ナクル湖で一番有名なのが、このフラミンゴの群れです。
時には、数Ⅰ0万~100万を超える大群をつくり、湖をピンクで彩ります。
ただ、ここ20年の間に、気候の変動などにより、湖面が上昇して、藻が育ちにくくなったり
水質が悪化するなど個体数が激減しているそうです。

私が訪問した時も非常に数が少なく、機動戦士ガンダムのジャブローのフラミンゴが群れで飛び立つシーン
くらいを想像していただけに残念でした。

しかし、鳥の数が減ったのですが、陸上のサファリはかなり充実しています。
ライオンやサイやキリン、ゾウなど大物天国でした。

そして、ナクル湖国立公園の動画の様子をまとめてみましたのでご覧ください。


フラミンゴの群れは見れなくなってきましたが、個人的には、大物系は十分に堪能できるナクル湖
下記のツアーなど利用すると効率的にサファリが楽しめるかもしれません。
水辺に集まる動物たちと出会う!ナクル湖国立公園終日ゲームドライブツアー<英語ガイド/昼食付/ナイロビ発>

ケニアの世界遺産であるナクル湖で、サファリ三昧を楽しんでください。


コメント

PAGE TOP