モーゼ終焉の地 ネポ山を散策してみた。

マダバの観光

マハダの北西10㎞にあり、死海からの高低差だと1200mもあり、山頂からエルサレムの街が一望できる
ネポ山を紹介します。

ネポ山
(Jabal Nebo)

住所:

入場時間夏期:8:00~18:00
冬期:8:00~16:00
定休日無休
入場料金2JD

*1JD=150円程度


ネポ山の入口です。

ネポ山を語るうえで、モーゼは欠かせません。
モーゼは、旧約聖書に登場する紀元前16~13世紀に活躍した人物で、映画「十戒」でも有名です。
そして、この地は、モーゼが亡くなった場所でもあります。

こちらがモーゼの記念碑です。
現在は、キリスト教のフランシスコ会が管理しています。

下の写真は、ローマ教皇故ヨハネ・パウロ2世が2000年に訪問した時の記念碑。

そして、平和の象徴として植えられたオリーブの木。

 

山頂にある青銅の蛇は、イタリアの芸術家ジョヴァンニ・ファントーニにより制作されました。
コンセプトとして、民数記21章4-9節でモーゼが荒野で作った青銅の蛇とイエスが磔刑にされた
十字架(ヨハネ3章14節)を象徴としているそうです。

パレスチナ高原は、ガスがかかることが多いらしく、私の行った時も綺麗にみれませんでしたが、
天気が良いとエルサレムやエリコなども見えるそうです。

奇跡の山 ネポ山を訪れる前に是非、「十戒」を見てから訪れと感慨深いですよ。

十戒(2枚組) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

私が訪問した時は、フランシスコ修道院が修復中で見れませんでしたが、
4世紀頃の遺構もみられるようなので是非、モーゼの足跡を辿ってみてください。



コメント

PAGE TOP