ワシントン・ダレス国際空港の乗り換え方法及びエアポートトレインの移動方法をまとめてみた。

ワシントンDC国際空港

成田空港を飛び出し、
ワンシントンダレス国際空港まで
およそ12時間30分のフライトです。

そして、日本との時差は、-13時間

つまり、日本を出国した時間とほぼ同じ日の
同じ時間に着くとなんとも不思議な感じです。

アメリカ合衆国の入国には、いくつかの注意点があります。

①乗り継ぎでも入国審査を行う。
まずは、乗り継ぎであっても一度入国しなければなりません。
これが非常にやっかいです。
なぜならアメリカ合衆国の入国審査が
非常に時間がかかるからです。

②荷物の引き上げと再預託(空港による)
また、成田空港で手荷物以外の荷物を
預けた場合は、通常の乗り継ぎ便の場合は、
そのまま最終目的地まで運んでくれますが、
 アメリカ合衆国の場合は、
一旦荷物をピックアップして再度預ける必要があります。
これがなんとも面倒でありそして、
トランジット時間が短い時には、非常にやっかいです。

その点を注意して乗り継ぎをしてください。

さて、実際の流れを説明します。

ユナイテッド航空の機内のアナウンスでは、
紫のラインが乗り継ぎ・黄色のラインが
ワシントンDCで入国
と繰り返しアナウンスされていました。

ワシントン・ダレス国際空港の入国審査まで

まずは、飛行機を降りてから
U.S Customs(税関)を方面に歩いて行きます。

ひたすら黄色のサインに向かって歩いて行きます。

ここが一番大事なチェックインポイント。
乗り継ぎの方は、紫のラインに、
ワシントンDCで降りる人は黄色のラインになります。

ここで間違えなければ、
後は問題なく行けると思います。
乗り継ぎがある人は、
ここから紫のラインにそって移動します。

この後は、流れは、
入国審査⇒荷物受取/荷物再預託⇒税関みたい感じです。
乗り継ぎ時間がない人はこれが勝負です。

ワシントン・ダレス国際空港の最低乗り継ぎ時間

ワシントンダレス国際空港の乗り継ぎ時間の
目安として国際線から国際線(80分前後)
と言われています。

入国審査から税関まで

入国審査は、すごい行列です。1時間位待つのはざらです。
ここは、忍耐です。
※ESTAで入国された場合は、
出入国カードの提出はありません。

入国審査を受けて荷物を受け取る時には、
乗り継ぎ便のターンテーブル
から降ろされている状態でした。

そして、荷物を持って歩いていると税関の前で、
荷物を預けなさいと指示され、手渡しします。

そして、税関へ向かい、
税関申告書を渡して終了です。

続いては、エアポートトレインの
移動方法を簡単に説明します。

エアポートトレインの移動方法

ワシントン・ダラス国際空港は、とても広い
空港です。そこで、ラウンジなど
いろいろ見て回りたい時は
エアポートトレインが非常に便利です。

コンコースCからコンコースBへの行く場合
まずは、順路に沿って進みエレベーターを降ります。

ずっと進んで行きます。

ここで、エアポートトレインに乗って移動します。
もちろん無料です。

下記図ように、
ゲートC駅⇒ゲートA駅⇒メインターミナル駅⇒ゲートB駅の
順番に移動します。

帰りは、逆ルートになります。

エアポートトレインの中はこんな感じです。

降りて、サインに沿って歩いて行くと

コンコースBに到着です。

慣れてしまうと移動は非常に簡単です。
トランジット時間が長い人は、
是非ワシントン・ダレス国際空港
を満喫してみてください。

TRAVELIST by CROOZ

コメント

PAGE TOP