アフリカ大陸最南西端 喜望峰とケープポイントの最南端ケープポイントを探索してみた。

ケープタウンの観光

南アフリカ共和国に来て絶対訪れたい場所。
それが、喜望峰とケープポイント。

1488年、ポルトガル人の航海者バーソロミュー・ディアスによって
発見された岬で、その後ポルトガル王が東方への航路発見に希望を抱き
「喜望峰」と改名したと言われています。
また、ヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰を経由して、インド航路を発見したのは
有名な話ですね。

喜望峰(Cape of Good Hope)

アフリカ大陸最南西端にある喜望峰(CAPE OF GOOD HOPE)には、看板が設置されています。

後ろの遊歩道を登っていくとルックアウトという絶景ポイントがあるそうです。
時間がなかったので私は行くことができませんでした。

喜望峰はアフリカ大陸最南端と思っている人も多いと思いますが実は「最南西端」。
正真正銘の最南端は喜望峰から東南東へ約150km離れているアグラス岬になります。


ケープポイント(Cape Point)

電話番号 021-780-9010
営業時間 6:00~18:00(4~9月は、7:00~17:00)
ケーブルカーの運行は、9:00~17:30
定休日  なし
入場料  大人 303ラント/子供 152ラント(外国人料金)
ケーブルカー料金 往復チケット:大人 80ラント/子供 35ラント
片道チケット:大人 65ラント/子供 25ラント
HP:http://capepoint.co.za/


ケープポイントの案内図です。

ケーブルカーでも昇ることもできますが、歩いても2時間程度の
散歩で気持ちがいいです。

喜望峰まで車5分程度です。

階段を登っていくと灯台が見えてきます。

旧灯台(Old Lighthouse)

崖の上に立つ展望台?

ケープポイントの先端です。
風がとても強いので注意してください。

新灯台(New Lighthouse)

絶景が広がっています。

喜望峰と違いケープポイントから見る眺めは最高です。

喜望峰とケープポイントの画像を編集してみました。
参考にどうぞ。

今回の喜望峰とケープポイントで大航海時代に思いをはせるのも
いいですね。

コメント

PAGE TOP