草原に包まれた「サン・アンドレス遺跡」を散策してみた。

エルサルバドルの観光
広告

私は、タスマル遺跡からサン・アンドレス遺跡へ移動しましたが、車で1時間程度で到着します。

観光で、なかなかサンサルバドルへ行く人は少ないと思いますのでグアテマラから下記のツアーなど
利用すると便利かもしれませんね。

エルサルバドルの3遺跡 世界遺産ホヤ・デ・セレン&タスマル&サン・アンドレス観光ツアー
<日本語または英語ガイド/グアテマラシティ発>

広告

サン・アドレス遺跡

入場日火曜~日曜日
入場時間9:00~16:00
入場料US3ドル

サン・アンドレス遺跡は、古典後期(600~900年)を中心に反映した地域で、コパン王朝と深い関係が指摘されています。
この遺跡は、20世紀初頭に発見され、1940年から修復作業が始まったそうです。

入ってすぐに博物館があります。
この遺跡の模型も展示されています。

遺跡の周りには、大木がたくさんあります。

サン・アンドレス遺跡の地図と説明

建造物2(Estructura 2)

この遺跡も残念ながら修復時にセメントが使われいます。

城市(Acropolis)

小高い丘にピラミッド型の遺跡が見えます。

建造物1(Estructura 1)

今回の一番の風景。
高さは、22mで、3度増改築が、行われたそうです。

建造物3( Estructura 3)

下をのぞいたいのですがかなりの深さです。

建造物7(Estructura 7)

サン・アンドレスで 凝灰石の切り石を使った石組みの建造物は、この建造物7だけです。

1978年の調査で、ユカタン半島中央部グアテマラのペテン県で出土する土器やベリーズ産の
石材の石器、巻貝などが出土し、当時遠隔貿易の存在が裏付けられています。

現在は、公園になっており家族連れがたくさんおりのどかな雰囲気です。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました