世界三大仏教遺跡「バガン」を散策してみた。~ニャウンウーエリア編~

バガンの観光

世界三大仏教遺跡と言われているのは、
カンボジアの『アンコールワット』インドネシアの『ボロブドゥール遺跡』ミャンマーの『バカン遺跡』です。
しかし、残念ながら『バカン遺跡』は世界遺産には登録されていません。
その理由は、いくつかあります。

世界遺産には「1990年代に当時の軍事政権が申請したが、展望台やゴルフ場、新しい道路が造られたことなどを
理由にユネスコが却下した」と言われています。
本当に素晴らしい遺跡なだけに、世界遺産に選ばれるように、しっかり保存をしてほしいと強く願います。

ただ、2016年に起きた大地震により多くの寺院が被害を受けました。
現在も修復が進められていますが、ユネスコの基準の修復法で行われていない寺院も多く、さらに厳しい状況になっているそうです。

そんなバガン遺跡ですが、「ニャウンウーエリア」と「オールドバガンエリア」と「ニューバガンエリア」と
「ミインカバーエリア」と「ミンナントゥエリア」の5ヵ所にわけることができます。

今回は、「ニャウンウーエリア」を紹介します。

*暑気には、日中の気温が40度を超えますので、早朝・夕方を利用して観光した方がいいです。
基本、寺院は、裸足の場合が多いのでやけどしそうなくらい地面が熱いです。

(今回は現地ツアーで、サラトラベルのバガンツアーを一部利用しました。)

シュエズィーゴン・パコダ
(Shwezigon Pagoda)

3層の方形基壇に円筒形の塔をのせた、ビルマ型の祖型とされる仏塔。
伝説では、アノーヤター王が白象を放ち、
象が最初にしゃがんだ場所を祝福された土地とし、
仏陀の額骨と歯4本を納めたと言われています。
名称の「シュエ」は金、「ズィーゴン」は、バーリー語の
「勝利・栄光・祝福の土地」という意味です。

拝観時間4:00~22:00
拝観料無料

塔の高さは、40mで、外壁には、ジャータカ(生本譚)の陶板がはめ込まれています。

願いを叶える父と息子のナッ神が南西の角に収めれています。

不思議な人形達

仏塔東側の階段下の地面に柵に囲まれた窪みがあります。
ここには、水面が張られており、膝をついて拝んだ際に水面に仏塔が見えれば天国へ。
見えなければ地獄へ行くとと信じられています。
ここで、撮影する場合は、携帯電話でとるのが一番いいと思います。

撮影をしていると後ろにたくさんの人が並んでいますので注意してください。

お勧め度:★★★★
バガンの代表的な黄金のパコダです。空港から一番近いパコダなので、基本どのツアーも入っていると思います。

ニャウンウーマーケット

ニャウンウーマーケットは、地元の人や観光客で活気のある市場です。
エーヤワディー川で捕れる魚介類などが並んでいます。

営業時間6:00~17:00
定休日満月と新月の日

地元でとれた新鮮な野菜

バガンを代表する黄金のパコダ。ヤンゴンと割と小さめなパコダのためゆっくり見ることができます。


コメント

PAGE TOP