モン王朝の都 古都バゴーを散策してみた。

バゴーの観光

ヤンゴンの北東70㎞にあり、マンダレーやバガンと並ぶミャンマーの古都として栄え、3~16世紀には、モン族の王都であったバゴー。
今回は、古都バゴーを紹介します。

チャッカワイン僧院
(Kya Khat Wain Kyaung)

ウーティッラ僧侶によって1864年に創建された僧院です。
現在も数多くの僧侶が修行を行っており、
僧侶の生活を垣間見ることができます。
11時頃から始まる僧侶達の食事風景では
ごはんをお鉢に入れる体験ができます。

見学時間4:30~20:00
拝観日無休

僧院の入口

ここで、400~500人の食事を作っています。

ここは、僧院達の修行の場です。

11時頃から始まる食事の時は、僧たちにごはんをお鉢にいれることができます。
私が行った時は、隣国のタイから多くの観光客が来て鉢にいれていました。

僧たちの食事風景です。

シュエモードー・パコダ
(Shwemawdaw Paya)

8~9世紀頃、仏陀の遺髪2本を納めるために23mの塔が建てられました。その後再建を繰り返し、ミャンマーで一番高い114mの高さのパゴダになった。
また、呪いをかけた女の鬼の伝説が残っており、1951年に再建された際、2か所に鬼の像を作ったところ地震があってもくずれなかったらしい。

入場時間5:00~21:00
定休日なし
その他カメラ撮影:300チャット/ビデオ撮影:500チャット

シュエターリャウン寝仏
(Shwethalyaung)

モン族のミンガディバー王が994年に建造したミャンマー最古の寝釈迦像。
イギリスの植民地時代に鉄道敷設のために視察に来た時に土を掘ったところ
偶然発見された。全長54.88m、高さ16mを誇り、枕に施した装飾などが見事である。

拝観時間5:00~20:30
拝観料無料
その他カメラ撮影:300チャット/ビデオ撮影:500チャット

映画「ビルマの竪琴」でも登場した寝釈迦仏。

見事な装飾

チャイプーン・パコダ
(Kyaik Pun Pagoda)

1476年に建造された過去四仏の像は、東西南北に向いています。伝説によれば、4人のモン族女性が、一生結婚しないことを約束し、
一人が一体の仏像を造るようにしました。
もし、結婚してしまった場合は、その人が造った仏像は壊れるようにのろいもかけたところ
その中の一人が結婚したら、本当に一体(西側)が崩れてしまったという。

拝観時間6:00~21:00
拝観料無料
その他カメラ撮影:300チャット/ビデオ撮影:500チャット

バゴー中心部は、割と小さいエリアに集中されていますので観光しやすいエリアです。

cebu

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました