世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の中にある「軍艦島」を散策してみた。

長崎の観光
スポンサーリンク

日本は、明治に入り、急速な近代化を果たしております。
そんな足跡をたどることがある世界遺産は、日本各地に散らばっています。
特に、九州エリアが多く、その中でも長崎エリアが最も多く、有名な遺構もたくさんあります。

今回は、ご紹介するのは、産業革命遺産の中心である「軍艦島」を紹介します。

スポンサーリンク

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

2015年 ユネスコ無形文化遺産に登録

明治日本の産業革命遺産は、構成資産は、岩手県から鹿児島県にまたがる次の8エリアに点在する幕末の1850年代から
明治末期の1910年までの23資産(*印は非公開)。

登録地域の面積は、構成資産 306.66ヘクタール、それを保護する緩衝地帯 2,408.33ヘクタール。

エリア1:萩

  1. 萩反射炉
  2. 恵美須ケ鼻造船所跡
  3. 大板山たたら製鉄遺跡
  4. 萩城下町
  5. 松下村塾

エリア2:鹿児島

  1. 旧集成館(旧集成館反射炉跡、旧集成館機械工場、旧鹿児島紡績所技師館)
  2. 寺山炭窯跡
  3. 関吉の疎水溝

エリア3:韮山

  1. 韮山反射炉

エリア4:釜石

  1. 橋野鉄鉱山

エリア5:佐賀

  1. 三重津海軍所跡

エリア6:長崎

  1. 小菅修船場跡
  2. 三菱長崎造船所第三船渠*
  3. 三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン*
  4. 三菱長崎造船所旧木型場
  5. 三菱長崎造船所占勝閣*
  6. 高島炭鉱
  7. 端島炭鉱
  8. 旧グラバー住宅

エリア7:三池(2)

  1. 三池炭鉱・三池港(三池炭鉱宮原坑、三池炭鉱万田坑、三池炭鉱専用鉄道敷跡、三池港)
  2. 三角西港

エリア8:八幡(2)

  1. 官営八幡製鉄所(八幡製鐵所旧本事務所*、八幡製鐵所修繕工場*、八幡製鐵所旧鍛冶工場*)
  2. 遠賀川水源地ポンプ室*

軍艦島(端島炭鉱)

長崎半島から西に約4.5㎞、三菱石炭鉱業(株)の主力炭鉱があった高島から南西に約2.5㎞、長崎港から南西に
約19㎞の沖合に位置する「端島」は、南北に約480m、南西に約160m、周囲約1200m、面積63,000㎡という小さな海底炭鉱の島
で、岸壁が島全体を囲い、高層鉄筋アパートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と
呼ばれるようになりました。

端島の歴史

端島では、1810年頃に石炭が発見され、佐賀藩が採炭を行っていましたが、1890年に三菱合資会社の経営となり、本格的な海底炭鉱
として、操業が開始されました。出炭量が増加するにつれ、人口も増加し、狭い島で多くの人が生活するため1916年に日本発の
鉄筋コンクリート造の高層集合住宅が建設され、最盛期には、約5,300人もの人々が住み、当時の東京の9倍の人口密度まで達しました。
エネルギー革命により、エネルギーが石炭から石油に移ったことで、出炭量も人口も徐々に減少し、1974年1月に閉山した後は
同年4月に無人島になりました。

軍艦島上陸周遊ツアー

軍艦島上陸周遊ツアーには、軍艦島コンシェルジュ、高島海上交通グループ、やまさ海運株式会社、株式会社シーマン協会
第7ゑびす丸の5社が催行しています。
私は、軍艦島コンシェルジュ(株式会社ユニバーサルワーカーズ)のツアーに参加したのでこちらを記載します。

時間受付:(午前中)9:00~ 出航:10:30 (午後)12:50~ 出航:13:40
定休日無休
料金(乗船料)(平日) 大人:4000円 中高生:3300円 小学生:2000円 未就学児:1000円
(特定日:土日祝日 / 春休み / GW / 夏休み / 冬休み)
大人:4500円 中高生:3800円 小学生:2500円 未就学児:1500円
料金(上陸料)大人・中高生:310円 小学生:150円 未就学児:無料
公式URL<公式>軍艦島コンシェルジュ (gunkanjima-concierge.com)

軍艦島コンシェルジュの乗り場所です。

下記がチケットです。

軍艦島コンシェルジュでは搭乗記念のカードがもらえ、裏にスタンプがあり、3回搭乗する1回無料になるそうです。


世界遺産である「軍艦島」は、鉄筋コンクリートは、雨風で浸食され保存が非常に難しい遺産です。
きちんとした保存ができればいいですね。

最盛期の1960年には狭い島内に5267人もの人々が暮らしており、東京の9倍という脅威の人口密度で
当時は、世界一だったそうです。

島の全体図は、下記の通りで、建物は、1号棟から71号棟まであります。

こちらは、パンフレットから抜き出した全体の平面図です。

(建物一覧表)

建物名建築年代構造・階数建設用途建物名建築年代構造・階数建設用途
1号1936年木造1階神社30号1916年RC造7階旧鉱員社宅
2号1950年RC造3階職員社宅31号1957年RC造6階地下共同浴場・郵便局
3号1959年RC造4階職員社宅(幹部用)39号1964年RC造3階公民館
5号1950年木造2階長社宅48号1955年RC造5階鉱員社宅(パチンコ店)
6号1936年木造2階職員単身寮50号1927年鉄骨2階映画館(昭和館)
7号1953年木造2階職員クラブハウス51号1961年RC造8階鉱員社宅
8号1919年RC・木造3階共同浴場・職員社宅56号1939年RC造3階職員社宅
12号1925年木造3階職員社宅57号1939年RC造4階商店(1階)・職員社宅
13号1967年RC造4階町営住宅(教職員)59号1953年RC造5階地下購買会・鉱員社宅
14号1941年RC造5階職員社宅(中央住宅)60号1953年RC造5階地下購買会・鉱員社宅
16号1918年RC造9階鉱員社宅(日給社宅)61号1953年RC造5階共同浴場・鉱員社宅
17号1918年RC造9階65号1945年RC造9階鉱員社宅
18号1918年RC造9階1949年RC造10階鉱員社宅・屋上幼稚園
19号1922年RC造9階1958年鉱員社宅
20号1922年RC造7階66号1940年RC造4階鉱員合宿(啓明寮)
21号1954年RC造5階警察派出所・鉱員社宅67号1950年RC造4階鉱員合宿(単身寮)
22号1953年RC造5階老人クラブ・役場68号1958年RC造2階隔離病棟
23号1921年木造2階社宅1階・寺院2階70号1958年RC造7階端島小中学校
25号1931年RC造5階宿泊所・職員社宅71号1970年RC造2階体育館
26号1966年プレハブ2階下請従業員住宅
ドルフィン桟橋

船はここに乗り入れします。

天川の護岸

明治期に、島の拡張に伴う護岸づくりは、石炭と赤土を混ぜた天川(あまかわ)と呼ばれる接薬剤を用いた石積み工法により
盛んに行われました。この擁壁は、現在でも島内のいたる所に残っており、端島独特の風景を醸し出しています。

総合事務所

鉱山の中枢であったレンガ造りの建物で、常時、70~80人の職員が常駐していたそうです。
総合事務所の中には共同浴場があったそうです。

30号棟・31号棟アパート

1916年(大正5年)に建てられた30号アパートは、最古の7階建て鉄筋コンクリート造の高層アパートと言われています。
鉱員社宅として建設され、内庭には吹き抜けの廊下と階段があり、地下には、売店がありました。
31号棟は、鉱員社宅には、地階に一般用の共同浴場があり、1階には、郵便局や理髪店も設置されていました。

貯炭ベルトコンベアー

精炭は、このベルトコンベアーによって貯炭場に蓄えられ、石炭運搬船に積み込んていました。
今は、支柱のみが残っています。

端島神社

危険と隣り合わせの鉱員たちの安全を守ってきた、神社は、毎年4月3日の山神祭は、全島を挙げて盛大に行われていたそうです。

第二竪坑坑口桟橋跡

主力抗だった第二竪坑を含め、鉱山施設は、現在ほとんどが崩壊しており、かろうじて第二竪坑へ行くための桟橋への昇降階段
部分が残っています。

端島小中学校

1893年(明治26年)三菱社立の尋常小学校が岩礁の上に設立されましたが、1921年(大正10年)に町立となり
校舎は、現在の地に移されました。1953年(昭和33年)に建設された現在の建物は、1階から4階までは、小学校で5階と7階が
中学校、6階には、講堂、図書館、音楽室、7階には理科室などの特別室が設けられていたそうです。
1970年(昭和45年)には、体育館や給食設備なども新設され、給食を運ぶ島で唯一のエレベータも設置されていたそうです。

軍艦島の風景

近代化を進めてきた日本を象徴し、1960年代世界一の人口を誇った軍艦島。
今後、保全ができなければやがて滅びゆく世界遺産かもしれません。

ここだけは、早めに見に行った方がいい世界遺産ですね。


コメント

PAGE TOP