マハラージャが今も暮らしているシティ・パレスや世界遺産の街 ジャイプール市街を探索してみた。

ジャイプルの観光
広告

インドには2020年現在、文化遺産が30件、自然遺産が件、複合遺産は1件の合計38の世界遺産があります。

今回、私が訪れた北インドの世界遺産は、14件の中9件訪問しました。

  1. ラール・キラーの建造物群(1983年)文化遺産
  2. フマユーン廟(1993年)文化遺産
  3. クトゥブ・ミーナールとその建造物群(1993年)文化遺産
  4. タージ・マハール(1983年)文化遺産
  5. アーグラ城塞(1983年)文化遺産
  6. ファーテプル・スィークリー(1986年)文化遺産
  7. ケオ・ラディオ・ガナ国立公園
  8. カジュラーホーの建造物群
  9. ビームベートカーの岩陰遺跡
  10. サーンチーの仏教建造物群
  11. ジャイプルのシャンタル・マンタル(2010年)文化遺産
  12. ナンダ・デーヴィー国立公園と花の谷国立公園
  13. ラージャスターン州の丘陵要塞軍(2013年)文化遺産
  14. ラージャスターン州のジャイプール市街(2019年)文化遺産

ジャイプールの街は、サワーイー・ジャイ・スィン2世によって造られた都市で、
その名前をとってジャイプールと呼ばれています。

「プル」とは、城壁に囲まれた町を意味しており、ジャイプールの旧市街は、城壁に
囲まれています。また、旧市街の街並みは、ピンク1色で統一されていることから
ピンクシティなどとも呼ばれています。そして、この街には、現マハラジャの住居である
シティ・パレスがあり、現在、一部博物館として見ることができます。

今回は、そんなマハラジャの住まい シティ・パレスを紹介します。

広告

シティ・パレス
(City Palace)

住所:Tulsi Marg, Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002 インド

入場時間9:30~17:00
定休日無休*ホーリ祭りの日は、休業
入場料金大人:400ルピー 子供:200ルピー 5歳以下無料

*100ルピー=145円程度


ムバラク・マハル 迎賓館
(Mubarak Mahal)

ムバラク・マハルは、英国の建築家サミュエル・ジェイコブが設計した白亜の迎賓館で
もともとは、マハラジャを訪れた賓客が宿泊していた施設です。
現在は、歴代のマハラジャの日常生活で使われていた衣服や楽器などが展示されています。

ラジェンドラ門

ディワーネ・カース(貴賓謁見の間)
(Diwan-i-Khas)

マハラージャが、貴賓を謁見した場所。

銀の壺

1902年に、エドワード7世の戴冠式に出席するために、マハラージャがイギリスに旅行に行く際に
持っていき、壺にいれたガンガーの水を入れて常に体を清めていたらしい。
ちなみに、この銀の壺は、世界で一番大きな銀製品として、ギネスブックに登録されているそうです。

チャンドラ・マハル(月の宮殿)
(Chandra Mahal)

白亜の7階建ての建物で、現在のマハラージャが住んでいます。
写真の右端の白い建物がそれです。
私は、中まで行けませんでしたが、4つの門があり、孔雀の扉が有名だそうです。

風の宮殿
(Hawa Mahal)

住所:Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002 インド

営業時間9:00~17:30
定休日無休
入場料金50ルピー (7歳以下無料)

宮廷女性のために建てられた宮殿。
女性たちは、小部屋から街の様子や祭りを眺めていたらしい。
建物の書面から見ると非常に大きく見えますが、建物自体の奥行は、非常に狭いそうです。
この宮殿は、ヒンドゥー教の女神クリシュナの王冠がモデルになっているそうです。

ジャイプールの街の観光スポットは、非常にコンパクトのため、暑いインドでは、散策するにはいい街かもしれません。



コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました