世界遺産「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」を散策してみた。シー・サッチャナーライ歴史公園編~

スコータイの観光

世界遺産「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」
に含まれる遺跡群は、
①シー・サッチャナーライ歴史公園
②スコータイ歴史公園
③カムぺーンペット歴史公園
と3つあります。
今回、記載するのは、
シー・サッチャナーライ歴史公園です。
この公園は、スコータイ市街から北に約50㎞に位置し、
総遺跡数215以上という大規模な公園です。

なかなか個人では行きづらい
世界遺産「シー・サッチャナーライ歴史公園」

私は、チェンマイからのスコータイ1日ツアーで、
一人だったので無理して連れて行ってくれました。
スコータイからも車で、1時間以上かかります。


ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート
(Wat Phra Si Rattana Mahathat)

スコータイ時代以前に建てられ、アユタヤ時代に
改築された。
プラーン前の礼拝堂の本尊とその左側にある漆喰の
遊行仏像はスコータイ時代のものです。
建物は、クメール時代風

営業時間8:30~17:00
入場料金20バーツ

プラーン前の礼拝堂

仏塔は登ることができます。

内部には仏舎利が納められている。

とても綺麗なクメール風の仏塔

お勧め度:★★★★
シー・サッチャナーライ歴史公園から少し外れた
場所にあります。
今まで、アユタヤなどの仏塔に登ってきましたが、
仏舎利が安置されているのは初めてでした。


【シー・サッチャナーライ歴史公園内】

ワット・ナーン・パヤー
(Wat Nang Phaya)

ワット・ナーン・パヤーは、「女王の寺院」を
意味する寺院です。
寺院は、礼拝堂の壁面に残存する漆喰細工で
知られている。その漆喰の浮彫りは、
ラーンナおよび中国に見られるような植物のつるが
モチーフとなっています。
装飾は木造のトタンを張った屋根に保護された西側の壁や
窓の周辺に見ることができます。

営業時間8:00~18:00
入場料金100バーツ(シー・サッチャーナライ歴史公園以下共通)

唐草模様のレリーフが有名です。

お勧め度:★★★
シー・サッチャーナライ歴史公園に入場すると
一番最初にある寺院です。こじんまりとしていますが
綺麗な寺院を見ることができます。

ワット・スアン・ケウ・ウタヤン・ヤイ
(Wat Suan Kaeo Uthayan Yai)

お勧め度:★★
とくに特筆すべき点はないですが、順路通りで見てもらえればいいと思います。

ワット・チェーディー・チェット・テーオ
(Wat Chedi Chet Thaeo)

チェーディー・チェット・テーオは、7列の仏塔を意味する寺院です。
この寺院は、この地を支配した各王国朝の文化の
変遷を表すようにヒンドゥー教や大乗仏教・テラワーダの
仏教の様式、ラーナン・タイなど異なる様式で大きさの
違う32基の仏塔で構成されています。

中央には、スコータイ様式と呼ばれている蓮のつ
ぼみ型の寺院がある。

蛇神ナーガ覆われた仏像

お勧め度:★★★★
異なる文化が融合した寺院。スコータイ王朝の寺院でも重要な寺院みたいです。

ワット・チャーンローム
(Wat Chang Lom)

この寺院の中心的構造物は、正方形の2層の基壇をもつスリランカ式の仏塔がある。
ワット・チャーンロームの名は「ゾウが囲む寺」の意味であり、仏塔の第1層の基壇の周りには
39頭のゾウの立像が並んでいる。なお、時代は、13世紀でスコータイ王朝の
ラームカムヘーン大王の命で建てられた寺院です。

正面には、39体のゾウの立像が並んでいる。
アンコルーワットにも似たものがあります。

お勧め度:★★★★★
スコータイ遺跡群で一番シンボリックな寺院です。
スリランカ式の建築物も状態がよく
また、上にも登ることがきるので眺めもよいです。





コメント

PAGE TOP