世界遺産「スリランカの中央高地」ホートン・プレインズ国立公園をトレッキング!!

キャンディと丘陵地帯の観光

今回ご紹介するのは、スリランカの中央高地にあるホートン・プレインズ国立公園です。
このエリアは、独特の気候と地形により珍しい動植物を見ることができます。
スリランカまで来てトレッキング?と思う方もいるかもしれませんが、
標高2100mと高いためとても涼しいです。
通常の観光だとあまり訪れないかもしれませんが、
仏教だけではない違うスリランカを味わいたい方にはお勧めな場所です。
※ここまで来るには、公共交通機関がないのでツアーに参加するの一番の近道です。

ホートン・プレインズ国立公園

標高2100mの高地に広がり霧や雲に覆われることも多くクラウドフォレストととも
言われている。年間降水量も5000mmを超える地域です。

入場時間6:00~18:00
入場料金US15ドル

ここから約9㎞ 3時間のトレッキングがスタートします。
※ここで注意ですが、生態系を守るため、入場する際は、食べ物やタバコの持込みが禁止されています。
ペットボトルのラベルも外して持ち込まないといけないので注意してください。

人があまりいないので自分のペースでトレッキングできます。

ワールド・エンド(World’s End)

約900mもの高さがある絶壁。
地名の由来である、世界の果てがまさにぴったりの場所です。
時間により霧が発生することが多いいので下の写真のような
状況も多いです。

リトルワールド・エンド(Little World’s end)

断崖の高さは、約270m。
こちらからの眺望も素晴らしいそうです。

時間とともに霧が晴れてきます。

不思議な植物。

ベイカーズ・フォール(Baker’s  Falls)

巨大な岩肌の上を階段状に水に落下する滝。
探検家ベイカーが発見したのが名前の由来です。

ローデンドロン・ゼイラニウム

ハリエニシダ

キンホウゲ

オスベキア・アスベラル

チムニープール

花崗岩で造られた堤防から滝のように水が流れています。

公園内には野生の動物もいます。

ホートンプレインズ国立公園のトレッキングの模様を映像編集しました。

3時間のトレッキングですが、気温も大変涼しく空気もよく気持ちよくトレッキングが
できます。この後に、ゴールに行ったのですが気温差がすごいです。


コメント

PAGE TOP