カタルーニャの聖地モンセラットを探索してみた。

バルセルナの観光

モンセラットは、バルセロナ
から北西へ約50㎞離れた場所にあり、
標高1235mの山の中腹には、
11世紀に創建された
ベネディクト派の修道院があります。

ちなみに、モンセラットは、「のこぎり山」
という意味だそうです。

また、ここは
ダビンチ・コードで有名な
ダン・ブラウンのロバート・ラングドン
シリーズの最新刊「オリジン」の
最初のシーンで出てきており、神秘的な
役割をしています。

モンセラット(Montserrat)

住所:08199 Montserrat, Barcelona,Spain

営業時間9:00~18:45(10~5月)
9:00~17:45(土日祝)(10~5月)
7:00~20:00:修道院(教会堂)
10:00~17:45:モンセラット美術館
10:00~18:45:モンセラット美術館(夏季の土日)
入場料金無料 美術館は、7€
HPhttp://www.abadiamontserrat.net/(S(qt0aoxlyfqebflp32zjbt0nj))/Espiritualitat/Angles/santuari1.aspx?newsid=8

モンセラットへの行き方

スペイン広場からカタルーニャ鉄道+登山鉄道を使って
移動します。
下の路線図は、スペイン広場からFGC(カタルーニャ鉄道)
に乗ってモンセラット駅まで移動します。

下がカタルーニャ鉄道のチケットです。

下が登山鉄道のチケットです。

下は、パンフレット


登山鉄道の乗ってモンセラット駅
に到着します。

駅から出てくると神秘的な風景
を現れます。

この奇岩は、スペイン有名な
パワースポットとして知られています。

大聖堂
(Basilica)

16世紀に建設が開始されたが、
現在の建物は、1811年にナポレオンの
フランス軍によって破壊され
現在の建物は、19~20世紀に再建されたものです。

12使徒の彫刻は見事です。

黒いマリア像
(La Moreneta)

12世紀にひとりの羊飼いにより
洞窟で発見された黒いマリア像。
そして、聖母マリアのひざに座る
キリストは、19世紀に復元されたもの。

黒いマリア像を見るために
多くの巡礼者が訪れる聖地となっており、
現在では、願いが叶うパワースポットと
いうことで多くの観光客が訪れています。

カタルーニャ州の守護聖人として
地元の人にも愛されています。

大聖堂だけだと30分もいれば十分回れます。
黒いマリア像は、時間によってはかなり
並ぶ場合もあります。

モンセラットは、ハイキングするにも
非常に気持ちがいい場所です。

見えるのは、十字架展望台。

天気が良い日はバルセロナの
ディルダビボの丘が見渡せます。

バルセロナからちょっと足を延ばせば
スペインのまた違った風景を見ることができます。
電車の乗り継ぎも簡単なので、建築物散策に
飽きた方は絶景の風景とパワースポット
を感じてください。

コメント

PAGE TOP