マヤの石碑で有名な世界遺産「キリグア遺跡」を散策してみた。

グァテマラの観光

マヤ文明の中心地であったグアテマラ。

グアテマラには、世界遺産が3つあります。

・アンティグア歴史地区(1979年)
・ティカル遺跡(1979年)
・キリグア遺跡(1981年)

その内、マヤ遺跡2ヶ所が該当しています。

今回は、モタグア川岸にあり、
翡翠や黒曜石を産するグアテマラ高地
とカリブ海岸を繋ぐ重要な交易路に
あった事により繁栄を極めた古代都市
キリグア遺跡をご紹介します。

キリグア遺跡

キリグアの歴史をひも解くと
コパン王朝の衛星都市として
3世紀頃からキリグアの創建が始まり
738年に長年コパンの支配下にあったキリグアの
カック・ティリュウは、コパンを攻撃し
18ウサギ王をとらえ斬首した。

この事件は738年事件と呼ばれ、
コパンの碑文の記録では槍と盾によって
戦死したと記述されています。

カック・ティリウは一時的に
コパンを支配したと考えられ、
「14代目の王」という称号とともに
コパン王の称号と神の名を石碑に刻ませている。

入場日毎日
入場時間8:00~16:00
入場料80Q

コパン遺跡から次の目標のキグリア遺跡までは
国境を越えて約2時間で到着します。
この遺跡の周囲は、バナナ農園で、
その中にポツンとある感じです。

世界遺産の目印

全体の地図がこれでわかりますね。

◎歴代王と建造物一覧(コパン王朝)

王位名前西暦/マヤ暦記念碑
14代K’ak TiliwDic. 29, 775 A.D
(9.17.5.0.0)
Estela A
14代K’ak TiliwDic. 29, 775 A.D
( 9.17.5.0.0)
Estela C
14代K’ak TiliwFeb. 19, 766 A.D
(9.16.15.0.0)
Estela D
14代K’ak TiliwDic. 2, 780 A.D
(9.17.10.0.0)
Zoomorfo B
15代Xul Cielo Nov. 6, 785 A.D
( 9.17.15.0.0)
Zoomorfo G
14代K’ak TiliwMar. 17, 761 A.D
(9.16.10.0.0)
Estela H
16代Jade CieloAgo. 19, 800 A.D
(9.18.10.0.0)
Estela I
14代K’ak Tiliw Abr. 12, 756 A.D
(9.16.5.0.0)
Estela J
16代Jade CieloJul. 24, 805 A.D
(9.18.15.0.0)
Estela K
15代Xul CieloOct. 11, 790 A.D
(9.18.0.0.0)
Altar O
15代Xul CieloOct. 11, 790 A.D
(9.18.0.0.0)
Zoomorfa O
15代Xul CieloSep. 15, 795 A.D
(9.18.5.0.0)
Altar P
15代Xul CieloSep. 15, 795 A.D
(9.18.5.0.0)
Zoomorfa P
石碑A
(Estela A)
14代王時代   マヤ暦9.17.5.0.0     西暦 775

石碑Aは、カック・ティリュウがコパンを
倒して支配下に置いたことが記されています。

石碑C
(Estela C)
14大王時代 マヤ暦9.17.5.0.0 西暦775

石碑Cは、併せて 775年に
奉納されたものです。
マヤ創生となる始めの日が
記されています。

石碑D
(Estela D)
14代王時代 マヤ暦 9.16.15.0.0  西暦766

石碑Dは、766年に奉納され
高さは、6mです。

側面には、保存状態もよく綺麗な
神聖文字が刻まれています。

獣形神B
(Zoomorfo B)
14代王時代 マヤ暦 9.17.10.0.0 西暦 780

獣形神Bは、780年に奉納され、
長さが3.7m、高さ 1.8m の巨大な石彫りで
先端には、カック・ティリュウが顔が
彫られています。
獣形神は、キリグア独自のもので、
山と宇宙のワニを組み合わせた
イメージの精緻な石彫が特徴的です。

石碑E
(Estela E)
14代王時代 マヤ暦  9.17.0.0.0 西暦 771 

石碑Eの奉納は 9.17.0.0.0.
つまり丁度17カトゥンにあたります。
5年ごとに石造物を奉納しています。
高さ11.7mを誇り、
マヤ地域で一番高い石碑として有名。
この石碑は、残念ながら移動時に
倒れ、石碑が割れてしまい
セメントで修復されているのが残念です。

石碑F
(Estela F)
14代王時代 マヤ暦 9.16.10.0.0 西暦 761

石碑Fは、「空に向かう両手」と
呼ばれており、761年に建てられ、
南北両面に、
カック・ティリュウが彫られています。
こちらは、傾きがかなりあります。

獣形神
(Zoomorfo G)
15代王時代 マヤ暦 9.17.15.0.0 西暦 785

カック・ティリュウの死後、
後を継いだ シュル・シエロ(空シュル)
が先王に、捧げたものとされている。
カック・ティリュウの魂は、
「白い花の息」と比喩され、
死後の暗黒世界からトウモロコシの
神が進んだ道をたどって
再生に向かうための
「道程についた」と表現されている。

石碑H
(Estela H)
14代王時代 マヤ暦  9.16.0.0.0 西暦 751

751年に奉納されたもので、
キリグアの広場にある
一番古い石碑になります。
高さは、5.2mです。

石碑I
(Estela I)
16代王時代 マヤ暦 9.18.10.0.0 西暦 800

碑文にはカック・ティリュウの
コパンに対する勝利に加えて、
カラクムルとの接触に
ついて触れられているそうで、
コパンに 対する反逆には
その背後にカラクムル
とティカルの勢力争いが
あったと言われています。

石碑J
(Estela J)
14代王時代 マヤ暦 9.16.5.0.0 西暦 756

この石碑が 756年に奉納され
カック・ティリュウが 捕獲 斬首した
コパン13代王を継いで
14代王を名乗っている事が
記載されています。

石碑K
(Estela K)
16代王時代 マヤ暦 9.18.15.0.0 西暦 805

キリグア最後の石碑とされ西暦805年
に建てられた。
これ以降キリグアは衰退した
と言われています。
奉納文は日付のみです。

祭壇M
(Altar M)
14代王時代 マヤ暦 9.15.3.2.4 西暦 731

祭壇Mは長さ 1.25m、高さ 0.7m と小型で
ジャガーが彫られています。
コパン王朝を倒す前に設置されています。

祭壇N
(Altar N)
14代王時代 マヤ暦 9.15.3.2.4 西暦 731

祭壇Nは、長さ 1.8m、高さ 1.2m です。

祭壇O
(Altar O)
15代王時代 マヤ暦 9.18.0.0.0 西暦 790

祭壇Oは東西に 5m、
南北に 3.8m、高さ0.5m の
平たい大きな石の上に、
神聖文字が刻まれています。

獣形神O
(Zoomorfa O)
15代王時代 マヤ暦 9.18.0.0.0 西暦 790

神聖文字には、
790年の獣形神の奉納日が記されています。

祭壇P
(Altar P)
15代王時代 マヤ暦 9.18.5.0.0 西暦 795

この祭壇は、約4m四方の巨大な岩を
大亀と見立て、隙間なく神聖文字が
彫られています。

獣形神P
(Zoomorfa P)
15代王時代 マヤ暦 9.18.5.0.0 西暦 795

幅 3m、高さ2.2m あり、重さは 20tで
王の肖像と様々な神が彫られています。

アクロポリス
(Escalinata al Acrópolis)

カック・ティリウはコパンの
都市プランをまねて
一辺325mもの大きな儀礼広場を造り、
グループ1Aに壮大な
「アクロポリス」を建設しました。

建造物1B-5
(Estructura 1B-5)

アクロポリスの入口

建造物1B-4
(Estructura 1B-4)

モザイク装飾を保護するため
屋根が付いています。

建造物1B-3
(Estructura 1B-3)

居室跡

建造物1B-2
(Estructura 1B-2)

建造物1B-1
(Estructura 1B-1)

王宮跡


この聖なる木の下で、今でも
儀式をしているそうです。

小さいけど綺麗な遺跡です。

キリグア遺跡を回る時は、
コパン遺跡と一緒に
回るとより遺跡の歴史を
感じることができます。
コパン遺跡は、
ホンジュラスですが、距離も
近いので、グアテマラから
日帰りのツアーよりも
コパンかキリグアで
宿泊してゆっくり遺跡を
見て回るのをお勧めします。



コメント

PAGE TOP