世界三大仏教遺跡「バガン」を散策してみた。~ミンナントゥエリア編~

バガンの観光

世界三大仏教遺跡と言われているのは、
カンボジアの『アンコールワット』インドネシアの『ボルブドール遺跡』ミャンマーの『バカン遺跡』です。
しかし、残念ながら『バカン遺跡』は世界遺産には登録されていません。
その理由は、いくつかあります。

世界遺産には「1990年代に当時の軍事政権が申請したが、展望台やゴルフ場、新しい道路が造られたことなどを理由にユネスコが却下した」とされています。
本当に素晴らしい遺跡なだけに、世界遺産に選ばれるように、しっかり保存をしてほしいと強く願います。

また、2016年に起きた大地震により多くの寺院が被害を受けました。
現在も修復が進められていますが、ユネスコの基準の修復法で行われていない寺院も多く、さらに厳しい状況になっているそうです。

そんなバガン遺跡ですが、「ニャウンウーエリア」と「オールドバガンエリア」と「ニューバガンエリア」と「ミインカバーエリア」と「ミンナントゥエリア」の5ヵ所にわけることができます。

今回は、「ミンナトゥエリア」を紹介します。

*暑気には、日中の気温が40度を超えますので、早朝・夕方を利用して観光した方がいいです。
基本、寺院は、裸足の場合が多いのでやけどしそうなくらい地面が熱いです。

(今回は現地ツアーで、サラトラベルのバガンツアーを利用しました。)

パヤトンズー
(Payathonzu)

同じ形をした仏塔が3基並び立つ珍しい寺院。
内部は細い通路で結ばれており、中央と東の寺院に保存状態の良い壁画が残されています。

入場時間6:00~18:00
入場料無料

壁画も保存状態がよく綺麗に見ることができます。

無数の仏塔が並んでいます。

お勧め度:★★★★★
バガン遺跡群で個人的には一番お勧めな場所になります。敷地も広く、人もいないし、仏塔自体も非常に状態がよく、撮影するには最高の場所でした。通常のツアーではいかないと思いますが、私は、サラトラベルのツアー(パヤトンズ遺跡群1日観光)に参加しました。
廃墟マニアにはたまらないかも。

タンブラ寺院
(Thambula Temple)

1255年ウザナ王の妃タンブラが暗殺されたウザナ王の供養のため創建された寺院。
祠堂の中は、4方に座仏像が収めれています。

入場時間6:00~18:00
入場料金無料

お勧め度:★★
なぜか、写真がとれていませんでした。きっと意識がなかったからだと思います。

ナンダマンニャ寺院
(Nandamannya Temple)

1248年チャスワー王によって建てられた単層方形の祠堂に釣鐘型の塔がある寺院。
瞑想中の仏陀を惑わすシーンを表した「マーラの誘惑」の壁画がある。

入場時間7:00~17:00
入場料金無料

外装には怪魚マカラや鳥を描いたスタッコ装飾も施されています。

お勧め度:★★★
「マーラの誘惑」の壁画は見る価値ありです。ただ、撮影禁止なのが残念。

タヨッピー寺院
(Tayokpyi temple)

タヨッピーとは王様のあだ名で、モンゴルから逃げたという意味です。
寺院の外壁には、スタッコ装飾が施されています。

入場時間7:00~18:00
入場料無料

お勧め度:★★★
壁面のレリーフはとても綺麗です。

バガン・ビューイング・タワー
(Bagan Viewing Tower)

入場時間6:00~22:00
入場料US5ドル(ウェルカムドリンク付き)

バガンと言えば、気球から遺跡を眺めるのが有名ですが、5月~9月までは、ローシーズンで運行しておりません。私が行ったのは5月で乗れませんでした。
日本円で3~4万円くらいするみたいです。
参考までに取り扱っている会社になります。
① GOLDEN EAGLE BALLOONING
② BALLOONS OVER BAGAN
③ ORIENTAL BALLOONING

バガン・ビューイングタワーからの眺めは、最高に気持ちがいいので気球に乗れない場合は是非参考にしてみてください。

パヤトンズエリアは、1泊のツアーでは行くことがないエリアなので是非、1泊延泊してでも観光することをお勧めします。



コメント

PAGE TOP