奇岩の上にある信仰の聖地!! 世界遺産「メテオラ」を探索してみた。

メテオラの観光

ピンダロス山脈の裾野に広がる
テッサリア平原の北西端、
地表から400mもの高さの岩山が
無数に屹立する奇岩の地メテオラ。

修道士が住み始めたのは10世紀頃と
言われており14世紀には、トルコの海賊に追われ、
アスト山から移った修道士により本格的な
修道院が建設されたそうです。

メテオラは、全部で24の修道院が
あったが、現在旅行者が訪問できるのは、
6ヵ所のみとなります。

また、ギリシャの世界遺産の中で、
このメテオラだけが自然遺産・文化遺産両方に
登録されている複合世界遺産になります。

ちなみに、複合遺産の登録されているのは、
1000以上もある世界遺産の中で、35件だけです。

メテオラ
(Meteora)

下の看板には、6つの訪問できる
修道院の配置図です。

1.メガロ・メテオロン修道院
2.アギア・ステファノス修道院
3.ヴァルラーム修道院
4.ルサヌー修道院
5.聖ニコラオス・アナパヴサ修道院
6.アギア・トリアダ修道院

下記にメテオラの詳細情報あります。
聖地メテオラ


メガロ・メテオロン修道院
(Holy Monastery of Great Meteoron)

メテオラ奇岩群の西部にあり、
プラティリソス(幅広の岩の意味)
の上にあり、その高さは613mもある。

もともとは、14世紀にアスト山より
移り住んだ修道士アナスタシオに
よって開かれ、後継者のイオアサフが
1388年に主聖堂を建立された。

定休日火曜日(冬期は、火曜日・水曜日・木曜日)
入場時間9:00~15:00(夏期)
9:00~14:00(冬期)
入場料金3€
注意事項タンクトップや半ズボンなどの露出した服装や
女性は長ズボンも禁止。
*修道院内部は一部写真撮影禁止。ビデオ撮影禁止。

チケットはこんな感じです。


入場時間がガイドブック等と変わっていますので
注意してください。夏期・冬期で時間も変わります。
下の案内板は、夏期になります。

奇岩の上にある修道院は神秘的です。
メテオラ修道院の中で最大です。

まずは、修道院までは146段の階段を登っていきます。
9:00から入場開始ですが、
すでに多くの人が並んでいます。

修道院内にあるメタモルフォーゼ聖堂は
ギリシャの最高傑作とされる聖堂のひとつです。

聖堂の内陣は、ほとんどが1483年のフレスコ画製法の
宗教画で埋められています。

ただ、残念ながら撮影禁止です。

下の画像は、パンドクラトラス キリスト聖堂
のドーム壁画(1552年)
アギア・メテオラ(天と地の間の石の聖地)より引用

下の建造物は、旧病院、養老院です。

旧食糧貯蔵室と木工制作工房です。

下の写真は、台所です。

荷物や非公開エリアはこのゴンドラで
運搬しています。

なんと人まで運んでいます。
なんか怖いですね。

アギオス・ステファノス修道院
(Holy Monastery of Agios Stefanos)

1191~1192年の記載碑文によると
修業士イェレミアスがこの地で
隠遁生活を始め、その後は、
14世紀頃に修道院が設立された。

教会は、15世紀建造のステファノス聖堂
と1798年の聖ハラランボス聖堂の2つあります。

19世紀に荒廃したが、1961年に女子修道院
として再開したそうです。

定休日月曜日
入場時間9:00~13:20、15:30~17:30(夏期)*日曜は、9:30~13:20
9:30~13:00、15:00~17:00(冬期)
入場料金3€
注意事項タンクトップや半ズボンなどの露出した服装や
女性は長ズボンも禁止。
*修道院内部は一部写真撮影禁止。ビデオ撮影禁止。


アギオス・ステファノス修道院は、
下記の案内板に記載されていますが、
入場時間がわかりづらいので
注意してください。

メテオラにある修道院で唯一、
階段なしで橋を渡るだけ行くことができます。

ここでお金を支払います。

下の写真は、1798年に小アジアで
殉死した聖ハラランボスに捧げられた教会で、
ここに彼の遺体が葬られています。

聖ハラランボス聖堂の中央ドームには
「キリストと聖体礼儀、預言者、キリストの
地上における偉業」を見ることができます。
アギア・メテオラ(天と地の間の石の聖地)より引用

この修道院は、庭園がとてもきれいです。

ヴァルラーム修道院
(Holy Monastery of Varlarm)

14世紀中頃苦行者ヴァルラームにより
建立された小さな教会を16世紀に
セオファニスとネクタリオ
の兄弟の修道士が再建した。

教会内のドームや壁画に描かれた16世紀中頃
のフレスコ画は、西ヨーロッパの影響を
強く受けています。

定休日金曜日(冬期は、木曜・金曜)
入場時間9:00~16:00
9:00~15:00
入場料金3€
注意タンクトップや半ズボンなどの露出した服装や
女性は長ズボンも禁止。
*修道院内部は一部写真撮影禁止。ビデオ撮影禁止。

下の画像は、修道院身廊のドーム壁画
キリストと天使隊図
フランゴス・カテラノス作(1548年)
アギア・メテオラ(天と地の間の石の聖地)より引用

ルサヌー修道院
(Holy Monastery of Roussanou)

13世紀の創建と伝わり、1527~1529年に
イオアサフとマクシモスによって建立された。
後に、異教徒により荒廃したが、1950年に
女子修道院として再建された。

定休日水曜日
入場時間9:00~17:00(夏期)
9:00~14:00(冬期)
入場料金料3€
注意タンクトップや半ズボンなどの露出した服装や
女性は長ズボンも禁止。
*修道院内部は一部写真撮影禁止。ビデオ撮影禁止。

下の画像は、最後の審判の部分図
修道院聖堂の身廊の入口広間
アギア・メテオラ(天と地の間の石の聖地)より引用

聖ニコラオス・アナパヴサ修道院
(Holy Monastery of St. Nicholas Anapafsas)

14世紀にアナパヴサという寄進者により
創建されたと言われています。

高さ419mで、石段で、100段ほど上がると
14世紀設立の聖アントニウスの礼拝堂があります。

この修道院の中心となる聖ニコラウス教会の
2階には、クレタ島派を代表する宗教画家デオファネス
が1572年に描いたフレスコ画で埋め尽くされています。

定休日金曜日
入場時間9:00~16:00
入場料金3€
注意事項タンクトップや半ズボンなどの露出した服装や
女性は長ズボンも禁止。
*修道院内部は一部写真撮影禁止。ビデオ撮影禁止。

下の画像は、アダムからの動物の命名
修道院聖堂の身廊壁画
クレタ島出身 セオファノス作(1527年)
アギア・メテオラ(天と地の間の石の聖地)から引用

アギオス・ステファノス修道院
(Holy Monastery of the Holy Trinity)

15世紀後半に建設。
標高535mの岩山に立ち、修道院は
1925年に完成した140段の階段を
登れば訪れることができる。

聖三位一体に捧げられた主聖堂と洗礼者
ヨハネの教会があり、内部の壁画は
17~18世紀頃にに描かれたものです。

定休日木曜日(冬期は、水曜日・木曜日)
入場時間9:00~17:00(夏期)
10:00~16:00(冬期)
入場料金3€
注意タンクトップや半ズボンなどの露出した服装や
女性は長ズボンも禁止。
*修道院内部は一部写真撮影禁止。ビデオ撮影禁止。

メテオラの修道院を6つ全部回るには1日で廻り切れません。
私も前泊しましたが、8月は、気温が高く、階段も多いので
午前中で2つ回るのがやっとでした。
まだ、見ていない4つの修道院は、ぜひ見てみたいです。

コメント

PAGE TOP