アテネの観光の中心地 シンタグマ広場近辺を散策してみた。

アテネの観光

シンタグマ広場の名称は、
1844年に、ギリシャ王国の最初の憲法が
この場所で発布されたことに由来しています。

ちなみに、シンタグマは、
ギリシャ語で「憲法」を表します。

そして、そのシンタグマ広場
を中心として古代の遺跡から国会議事堂まで
歩いていける距離にあります。

今回は、遺跡以外のシンタグマ広場近辺の
観光スポットを紹介します。

国会議事堂

住所:Syntagma Square,Athina 10671

正面には、ギリシャの神殿でも
よくみられるドリア式の大理石の柱が
並んでいます。
この建物は、もともとは、初代ギリシャ国王の
オットーの王宮として建てられたもので、
ドイツの宮廷建築家カールトナーが設計し、
1842年に完成しました。
そのあとに、1931年に改造され、
国会議事堂として使われることになった。

無名戦士の墓

住所:Syntagma Square,Athina 10671

 

ギリシャが、オスマン帝国から
独立するために、1821年に独立戦争を起こし、
1832年、コンスタンティノープル条約が
締結されたことにより独立は
正式に調印された。
この慰霊碑は、その独立戦争での戦死者、
それ以降に起こった戦争での
犠牲者の霊を慰めるために建てられた。

碑の両側には、古代ギリシャの歴史家
ツキジデスの言葉がギリシャ語で刻まれています。

右側には、
「英雄たちにっとっては、世界中のどこでも彼らの墓となりえる。」

左側には、
「伏している無名の戦士のために、空のベッドが運ばれてくる。」

碑の両側には、エヴゾナスという
民族衣装を身に包んだ
衛兵がひとりづつ立っている。
日曜の11時の交代式は、大規模に開催されます。

下に衛兵の様子の映像を編集してみました。

ミトロポレオス大聖堂

住所:Mitropoleos St, Mitropoleos Sq, Athens

アテネの一の大聖堂で、
1840年から15年間もかかって造られた。
現在は、大統領の宣誓式など
国家的行事などに使われています。

古代の遺跡だけでなく、近代の歴史も
感じることができるのでアテネの街歩きが
楽しいですね。

レンタカー

コメント

PAGE TOP