近代オリンピックの聖地 パナティナイコ・スタジアムを散策してみた。

アテネの観光

ギリシャは、オリンピックの発祥の地で
有名な古代オリンピアがあります。

しかし、近代オリンピックの
発祥の地になったのがここ
パナティナイコ・スタジアムになります。

パナティナイコ・スタジアム
(Panathinaiko Stadium)

住所:Leof. Vasileos Konstantinou, Athina 116 35 Greece

定休日無休
電話番号210-7522-985
営業時間8:00~19:00(冬期:8:00~17:00)
入場料金5€(子供・シニアは、3€)

このパナティナイコ・スタジアムの歴史を
紐解くと、紀元前330年にパンアエナイア祭りの
競技会のために建設されたスタジアムで
アテネの守護神アテナ女神に捧げられた祭りでした。

その後、紀元前2世紀頃、大富豪ヘロデス・アティコス
により、白亜の大理石を用い改築されました。

その後、長く土中に埋もれていたが、大富豪の
ゲオルギオス・アヴェロフらが資金提供し、
アテネを代表する建築家である
エルンスト・ツィラーが1869年から
発掘作業をはじめ、オリジナルの設計通りに再建されました。
そして、1896年に第一回近代オリンピック大会を開催した。

現在では、アテネマラソンのゴール地点になっているそうです。

下がスタジアムの看板です。

下の写真は、ゲオルギオス・アヴェロフ像。

競技場の部分は、奥行き204m、
幅33m、収容人数は、68,000人と
いう大規模な競技場です。

見学は、日本語のオーディオガイドもあります。

私は、時間内に間に合わず中には入れませんでした。
表彰台に立ってみたかったです。

2020年東京にオリンピックがやってくるので
考え深い気持ちになります。
シンタグマ広場からもそれほど遠くないので
時間のある方は、ぜひ表彰台にのぼってみてください。


コメント

PAGE TOP